大黄河の西岸から敦煌まで続く シルクロード河西回廊(かせいかいろう)の物語6日間 2018年11月23日~28日 其の弐

11/25(日) 泊2バス→張掖丹霞地貌(氷溝ひょうこう丹霞たんか風景区 )シャトルバスと徒歩→張掖駅14時01分高速鉄道→17時30分柳園→128キロ→敦煌寳館(ドゥン ホワン ホテル)泊3

昨日の日中は、ダウンを着なくても過ごせました。今日も日中は気温は12,3度くらいになりそうです。

さあ~今日はどんな景色が見られるのかな?

氷溝丹霞風景区 に着くと、風が吹いていて寒い~ダウンを着ます。

IMG_8110[1]
モンゴル族のアパート
IMG_8111[1]
少数民族ユグル族のアパート 総人口1万5千人
ユグル族ってどんな民族???

こたえ。。。ユグル族は伝統的な遊牧文化にこだわり続け、祁連山脈のふもとで、羊や馬と共に転々と移動する生活をしています。しかし現在の中国では政府の規制もあって遊牧民は減っており、ユグル族も冬は定住地で家畜の世話をして、夏になると放牧に出る者が多いようです。

回紇(かいこつ)の子孫と見られているます。(回紇はテュルク語系の遊牧民族で、8〜9世紀には現在のモンゴル高原に一大帝国を築き上げた。)

ユグル族はその固有の言語が、他の少数民族と自分たちを区別する最大の特徴だと考えていますが、多くの人がその言葉を忘れてしまっており、若者の場合は一度も習ったことがなく、「人々はようやく(ユグル語が)失われつつあることに気がついた」ユグル語は「消滅寸前」と言われているそうです。

IMG_8115[1]
シャトルバスで向かいます。
IMG_8132[1]
行ってきまーす。
IMG_8116[1]
これもラクダ岩
IMG_8118[1]
氷溝丹霞に富士山が。。。(笑)
IMG_8117[1]
東洋のグランドキャニオンと呼ばれるのがわかるような気がする。。。
IMG_8119[1]
人差し指に見えませんか?
IMG_8125[1]
岩の穴がピィちゃんに見えます♥
IMG_8122[1]
きのこの形を見ると、カッパッドキアで見た岩を思い出します。
IMG_8123[1]
ここは、私たちのツアーで貸切です。
 

IMG_8126[1]
祁連山脈(きれん/チーリェン-さんみゃく)が見えます。平均海抜4千メートル以上、長さ2千キロメートル、幅200~500キロありますが、峰々にはほとんど名前ないそうです。
人は、山に名前を付けると登りたくなるのかしら???

IMG_8127[1]
日差しも出て暖かくなってきました。
IMG_8130[1]
一番目の見学おしまい。みんな明日は筋肉痛かも?しれません。

IMG_8133[1]
後ろの突き出た岩はアイスクリームって呼ばれていました。
IMG_8134[1]
ツアーには、山好きの人もいて、祁連山脈の峰の名前を尋ねられていましたが、ガイドさんは’’みなさん、祁連山脈のひとつひとつには名前は付いていません。’’と又説明を繰り返しています。4000m級の山脈だもん。聞きたくなるよね~
IMG_8135[1]
こちらでお昼ご飯。きれいそうに見えるけれど、トイレは男女1つずつ。○○ちゃん、青空トイレ第一号~
青空トイレには男性の現地の先客がいて、そばに行ったら驚いた様子でしたが、顔色を変えず立ち去っていきました(笑)

IMG_8136[1]
駅までは、ポプラ並木が続いていました。
IMG_8137[1]
ここから高速鉄道に乗車します。
張掖の特産物は???

こたえ。。。小麦、トウモロコシ、はだか麦、6月になると菜の花が綺麗に咲きます。ということで油、はちみつ。

IMG_8138[1]
砂漠に、ビル建ちはじめています。砂漠に生えている草は、ラクダ草という植物だそうです。
IMG_8139[1]
酒泉(シュセン)は、河西回廊(かせいかいろう)のオアシスの一つです。
 

IMG_8140[1]
敦煌最寄駅に到着!ここはどんなところかというと。。。
IMG_8141[1]
ゴビ砂漠の中にぽつんと立っています。
どうして、敦煌駅があるのに電車で行かないの???

敦煌までは、直通の電車じゃないといけないから、柳園で降りるしかありませんとのガイドさんの説明。砂嵐の日は、ゴビ砂漠特有の黒い砂で、前が見えなくなるそうです。

IMG_8142[1]
こちらのバスに乗り込みます。
砂漠の中をひたすら走ります。車内は真っ暗になるので、車内から星空が見えます。ところどころ、工事中で道を外れるため、がたがた道になります。道が完成したら、2時間半→1時間半に短縮されるそうです。

ここでトイレに行きましょう~とバスが停車!SAらしき場所??しかし、建物に鍵がかかっていて、、、’’どうするの~’’とおもいきや、

IMG_8143[1]
こんなに暗いから大丈夫ね。
このツアーに参加する人たちは、生きる力が強い人ばかり。。。

みんなで青空トイレで済ませました(笑)これが第二弾青空トイレの記念すべき場所です。

IMG_8144[1]
ホテルに到着!
ホテル内で夕食ということもありみんなで大盛り上がり。私は、ほとんどお酒が飲めませんが、快くみんなの仲間に入れて頂き、ビールひとくちと紹興酒とワインをペロリと味見させてもらいました。○○ちゃんと呼べるお姉さんも増えました!(^^)!

明日の出発は、ゆっくりの8時20分出発。’’毎日毎日、こんなにハードな行程だとは思わなかったね’’みんな思っていることは同じでした。

明日はちょっと早起きしてお散歩しよう~

おやすみなさい。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です