シルクロード河西回廊(かせいかいろう)の物語6日間 2018年11月23日~28日~ 其の四

11/27(火) 泊4→7時19分蘭州→炳霊寺石窟(へいれいじせっくつ)モーターボート利用→中山橋→錦江陽光酒店泊5

6時、カードを切符に交換。電車を降りて、蘭州牛肉麺(早朝6時から15時までオープンの店が多い)の朝食。バスで炳霊寺石窟へ向かうが、予定していた道が凍って通れないため、1時間ロスタイムあり。

IMG_8213[1]
蘭州駅構内
IMG_8216[1]
外は寒そう~黄河の上流に広がる黄土高原。(こうど)日本に飛来する黄砂の主要発生地。黄土高原には草しか生えません。
IMG_8215[1]
道路が凍っています。
IMG_8214[1]
パンダのトラック
IMG_8217[1]
道端にトウモロコシを干しています。
IMG_8218[1]
学校を囲む柵のまわりには、成績優秀な子どもの写真が飾ってあります。
IMG_8219[1]
中国の古い家はどんどん壊されていきますが、ここにはまだ昔の煉瓦造りの家が残っています。
高速道路では、警察の検問があり、一人一人シートベルトを着用しているかの検査がありました。こちらで15分くらいロスタイムあり。特に観光バスのチェックは厳しいそうです。

高速道路の制限速度は、自家用車→120キロ、バス→100キロです。

スピード違反ではなくてよかった~

IMG_8220[1]
船着き場にそろそろ到着します。
IMG_8221[1]
ここからモーターボートに乗ります。
 

劉家峡ダムのダム湖の上流を進みます。標高1650メートルあります。

IMG_8222[1]
船の中から見える景色。。。カルスト地形です。すごいところにきたもんだ!
IMG_8223[1]
炳霊寺石窟港、猫ちゃんがお出迎え
ニャーオ(=^・^=)

IMG_8224[1]
=^_^=
 

ニャーオ(=^・^=)

IMG_8225[1]
=^_^=
IMG_8226[1]
=^_^=どうしてみんななくの?
IMG_8228[1]
お昼ご飯のにおいを嗅ぎつけたのかな?
IMG_8229[1]
浮家の中でお昼ごはんを頂きます。
 炳霊寺石窟(へいれいじせっくつ)入口に到着! 炳霊は、チベット語で〈十万仏〉という意味だそうです。

IMG_8234[1]
私たちツアーの貸切、入場しまーす。
IMG_8233[1]
絶景だあ~
IMG_8236[1]
トコトコ、石窟に向かって歩きます。大雨で崩れた土砂を取り除いています。
岩肌にはツバメの巣がありました。

IMG_8238[1]
3窟。鮮やかな色で残っています。仏様も観音様も貴族のような服装です。家の安全と金運を祈願したそうです。盛唐

 

IMG_8239[1]
千手観音のような顔は不動明王?こちらも3窟

IMG_8241[1]
こんな風に並んでいます。
どうして洞窟の中に石仏を彫ったの???

こたえ。。。黄河はよく氾濫するので、命を懸けて渡る川でした。身の安全を守る→神様に守ってもらうために石仏を作り、安全を祈願したそうです。

IMG_8242[1]
青色が鮮明に残っています。この第8窟は、少し変わっていて、石窟ではなく粘土で造られています。 隋の時代(581-618)のものだそうです。
IMG_8244[1]
11窟の唐の時代に作製された菩薩像。天井の飛天や、ヤシの木などが美しく表現されています。
IMG_8245[1]
仏、弟子、菩薩(31龕)唐 ちょっと首をかしげているのが愛らしい。みんな笑っているように見えるけれど、よく見ると苦しい顔をしている→少数民族の苦しみ
IMG_8246[1]
脚で邪気を踏みつけています。
IMG_8254[1]
ガイドさん一押しのイケメン!125号窟は北魏時代(386-534)に造られ釈迦多宝併座法図が彫られています。袈裟(布)を3枚重ねて着ており、体はほっそりしていて北魏晩期の美人を表しているそうです。
IMG_8256[1]
端正な顔立ち
IMG_8255[1]
二人ともそっくりな顔をしています。
IMG_8257[1]
笑っているように見えるのですが。。。
IMG_8251[1]
70号窟は明の時代(1368-1644)に造られたチベット仏教の千手観音の像が祀られています。
IMG_8247[1]
スカートの装飾が豪華です。
IMG_8250[1]
手の動きが、阿修羅像を連想させます。
IMG_8252[1]
結跏趺坐佛(82窟)お釈迦様の隣にいるのは、阿難陀あなんと摩訶迦葉まかかしょうかしら?
 

IMG_8258[1]
171号窟は則天武后が民衆の不満を押えるために造った弥勒菩薩の磨崖仏で高さは27.5メートルあります。唐時代(618-907)
IMG_8261[1]
人間の手のように柔らかく丸みを帯びています。修復されたようですね。
足の彫刻も期待しちゃいますね。。。

IMG_8262[1]
足の指の丸みも見事に修復されています。
IMG_8267[1]
16号窟は北魏時代(386-534)に造られた長さ8.6m涅槃仏です。
 

IMG_8268[1]
履物をはいています。
IMG_8269[1]
木の上に小鳥の巣があると思っていましたが、これはヤドリギだそうです。
ヤドリギってなあに??

こたえ。。。ヤドリギは常緑で半寄生の灌木(かんぼく=低木)のことです。

半寄生って??

自分でも葉緑素を持っているため光合成ができますが、他の植物(寄生主)からも栄養を取って成する植物のことを言います。

IMG_8270[1]
そろそろ夕暮れ、モーターボートに乗って帰ります。
IMG_8275[1]
バスの駐車場で、ワンちゃんのお出迎え。。。
 

IMG_8274[1]
市内でよく見かける乗り物。
蘭州市内に戻り、黄河にかかる黄河第一橋中山橋に到着したのはもう19時過ぎ。。。

19時からのライトアップが始まったところでした。ロスタイムがあったおかげで、こんなにきれいな夜景を見ることができました。

IMG_8276[1]
僧侶の姿をよく見かけました。
IMG_8277[1]
白塔山公園(はくとうやま)もライトアップされています。
IMG_8279[1]
三蔵法師の像みーつけ
 

IMG_8286[1]
柳の巨木があちらこちらにありました。
中山橋ってどんな橋?

こたえ。。。

蘭州市の中心部からチベット仏教寺院の白塔山に向かう黄河にかかる重要な橋です。黄河にかけられた最初の鉄橋(ドイツ製)として有名です。

1907年に完成して、第一橋と命名されましたが、1942年に中国革命の父孫文の中国名孫中山にちなんで中山橋と改名されました。現在、文化遺産保護のため、車の通行はできません。

IMG_8280[1]
晩御飯の時に、ガイドの、こさんから、八宝茶をごちそうになりました。
八宝茶ってなあに???

こたえ。。。茶葉(緑茶)、竜眼、ナツメ、杏、クコ、氷砂糖を使って作られています。5杯まで美味しく飲めるそうです。

ホテルに戻り、歩いて7,8分のところにあるスターバックスへ行き、マグカップを買いました。1個105元→1800円くらい

IMG_8283[1]
お土産。。。
3個もラクダを買ってどうするの?って聞かれました。自分と子供たちへのお土産でした。。。( ^^)

22時前にホテルに戻りました。おやすみなさい。

11/28(水)泊5→蘭州空港7時40分MU719→10時25分上海16時55分MU271→20時55分成田空港

IMG_8281[1]
パンダの飛行機
IMG_8282[1]
上海の夕日
みんなで元気に日本に帰ってきました。またツアーの仲間と逢えたらいいな~

最後に、河西回廊とは???

蘭州から敦煌へ至るシルクロードの東端を言います。 蘭州を出て、黄河を渡り、南に祁連山脈、北は内蒙古の砂漠に挟まれ、東西の1000キロあまりの長さで続きます。

いつもは、ほとんど写真を撮らないと言っていた○○ちゃんでしたが、今回は写真を撮ってしまったと言っていました。

おまけ。。。

蘭州の人はお風呂には入りませんとガイドさんが言っていました。蘭州だけでなく、毎日のように湯船につかっている日本人の方が珍しいのかもしれませんね。

ちなみに大浴場に入ったとき、中国人は顔を隠すそうです。

「シルクロード河西回廊(かせいかいろう)の物語6日間 2018年11月23日~28日~ 其の四」への1件のフィードバック

  1. こんばんは。ブログを見ていただいてありがとうございます。
    ①鉄道移動では、エスカレーターのない駅もあり、大きな荷物でご自身で運べない方は、添乗員さんやツアー参加者の方がお手伝いしました。荷物はできるだけ少ないほうがいいと思います。
    ②ラクダは、1人怖くて乗れない方がいらっしゃいました。高齢な方も乗られていましたが、少し元気なラクダは予想不可能な動きをすることもあるので無理はしないほうがいいと思います。
    ③上海の乗り継ぎは、観光はついていません。空港が広いので、ツアーの皆さんとおしゃべりしたり、買い物をして過ごしました。乗り継ぎの時間が長すぎますよね。
    ④観光については、個人個人に合わせて歩く距離を調整することができます。無理をしないように、観光すれば大丈夫と思います。
    注意点。。。お昼ご飯のレストランでのトイレの数が少ないように思います。我慢しきれず、青空トイレってことになるかもしれません。
    電車の中は快適です。寝台列車は2人個室がおすすめです。

    気を付けていってらっしゃってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です