青春18切符旅の旅~酒田ときらきらうえつ号編~2019年3月30日~4月1日~

3/31(日) 泊1…会津若松5時28分→8時21分新潟10時11分きらきらうえつ→12時51分酒田(市内観光サイクリング)16時10分→17時40分村上17時45分→17時57分坂町18時00分→20時02分米沢・・・ベストウェスタンザジャポナイズ米沢泊2

昨日は、電車の遅れがあり予定の電車に乗れなかったので、今日は、早めの電車に乗ります。

赤べこちゃん、さようなら~

 

新潟に向かいます。

 

可愛い模様がある車両もあります。

5両編成の電車には、私の確認した範囲で2人だけ…
贅沢気分?お得気分?を味わってます😻

誰もいません~

 

車両によって車内のシートが異なります。

どこへ座ろうかなあ~

駅を出て振り返ると、会津若松の町だけ、すっぽりと雲の中に包まれています。雲海が地上にある感じです☁️

喜多方を過ぎたあたりから、雨が降ってきました☔️今日は、一日中雨の予定🥺

昨日より視界良好≁

だんだん秘境ムードになってきます^ ^

山都駅で早速、27分遅れ…車掌さんが’’次の電車の乗り換え大丈夫ですか❓‘’と声をかけてくれる…

’’次は、きらきらうえつなので大丈夫です’’と答えると、

‘’今度は、きらきらうえつに乗るんですね。明日から9/29のラストランに向かって、先頭車両にプレートをつけて走るので、今日が通常のスタンスで走る最後の日なんですよ。’’

それから、会話も弾み、いろいろなことを教えていただきました。

①笹川流れというところが、きらきらうえつに乗車した時の景色の良いところ(桑川駅から勝木駅の間)

②勝木駅から徒歩3分の場所に廃校になった学校が宿泊施設になっていて3千円で泊まれる。(予約は早めに、人気の施設)

③岩牡蠣が美味しいのは、7/20頃からお盆前、それを過ぎると子供に栄養を取られて味が落ちる。

④12月一週目だけサケの心臓や白子がたべられる。村上の善蔵6000円コースがおすすめだそうです。

⑤村上はお酒もおいしい。宮尾酒造「〆張鶴(しめはりつる)」、大洋酒造など

車掌さんからいただきました。

カードをいただき、ばんえつ物語の話になりました。

’’春休みに、東京から夜行電車で新潟→ばんえつ物語に乗ったことがあります’’って話したら、

’’それは相当昔のことですね’’と。。。

確かに15年くらい前の話でした。

現在は、新潟行きの夜行電車もなくなり、この時期ばんえつ物語も走っていないそうです。

月日の経つのは早い(#^.^#)

お~「TRAIN SUITE 四季島」とすれ違いました🤩

未来を思わせる車両のデザインです。

私にとっては鈍行電車だって、贅沢観光列車だも~ん😍🥰😍

この先、新郷ダムの調整池内には、荻野漕艇場がありました。

 

懐かしい車体の電車とすれ違います。(徳沢駅)

 

ゆっくり車窓を楽しみます♡

 

新潟駅に到着!

 

東京の日本橋に次いで重要文化財に指定された「萬代橋」です。

萬代橋(ばんだいばし)ってどんな橋???

こたえ。。。新潟市の信濃川に架橋された初めての橋で、1886年(明治19年)に初代が竣工されました。長さは306.9メートル、幅22メートルあります。こちらは三代目になります。

初代は萬代橋

 

大きな「What’s NiiGATA モニュメント」は夜にライトアップされるようです。萬代橋そばのテラスにあります。

むか~し、夜行列車に乗って横浜に帰るときにここで時間をつぶしたなあ~と思い出す(20年位前の車中2泊の3泊4日旅)→主人は翌日仕事のため新幹線で帰宅。子供たちと私は、青春18きっぷを使って夜行列車に乗りました。行きも帰りも夜行列車なんて、体力があったなあ~

あのころから、わたしのサバイバル的な旅行は続いています。。。

新潟駅に戻ってきました。

きらきらうえつに乗って終点まで行きます。

 

快速電車なので青春18きっぷで乗車できます。

売店の前にもう列ができています😅

ラウンジは、売店で買い物をしたら使えるので、売店が開くのを待っているのですね。

 

きらきらうえつは全席指定席です。

私の席は、山側の窓側席。隣の女性は、村上に実家があり、帰省途中とのこと。

村上のことをたくさん話してくれました。

①鮭は固いものだと思っていたが、都会にきて鮭は柔らかいものと知った。カルチャーショックだった。ご主人も子供たちも柔らかい鮭しか食べないので、お土産に持ち帰る鮭はいつも一人で食べている。

②村上の鮭(塩引鮭)はお茶漬けで食べるのが一番おいしい。

③村上の方言は、青森より強くないのに、主人はわからない時がありもどかしい。こんなにわかりやすい言葉で話しているのにと思う。

④特急列車と快速電車(きらきらうえつ)はほとんど所要時間が変わらないのに、快速電車のほうが見どころの説明があったり、ゆったり走行している気がする。

⑤川でアユのつかみ取りができる。

⑥村上で泳ぐと、水着の中に砂利が入る。伊豆で泳ぐと砂なのに、場所によって違うのね。

お父様がご病気で1か月に1度、村上に帰っていらっしゃるそうです。

病院までは車で20分かかるので、ご自身は老後に村上に戻るのは難しいなあと話していました。

塩引鮭(しおびきさけ)ってなあに???

こたえ。。。 材料は鮭と塩のみ、添加物を一切使わず、「寝かせる」「磨く」「干す」という 工程を経ることによって熟成させ、うまみを増した鮭のことです。 

’’お迎えが来てるのよ’’と、村上駅で降りていきました。

日本海の荒波が見えてきました。

そろそろ、きらきらうえつのハイライトの場所にさしかかります。

桑川駅でしばらく停車。列車の外に出ることができます。

 

日本海がすぐそばに見えます。

列車の中をお散歩…

一番後ろの車両でパチリ(2001年11月から運行開始のきらきらうえつ)

ラウンジカーに行ってみましょう~

ラッキーなことに席が空いていました。アイスクリームをいただきます。

5人の席を独り占め。。。

海岸線を走ります。

 

海岸によって砂浜の石の大きさが違うのね。

酒田に到着!

観光案内所で、無料で自転車を借りることができます。

お天気が心配だったけれど、お借りすることにしました。たくさん行きたいところがあり、係りのおじさまに’’欲張りですね’’と笑われる。。。

でも、口に出した後にしまったと思ったらしく、‘’お客様なのに欲張りって言ってごめんなさいね’’と。。。

‘’全然気にしてませんよー自分でも欲張りと思ったもん’’

行ってきまーす。どうか、雨が降りませんように。。。

新井田川を渡ります。

 

山居橋→昭和34年まで掛かっていた木造の橋を、平成5年(1993)に復元したものです

 

山居倉庫(さんきょそうこ)

山居倉庫ってなあに???

こたえ。。。明治26年(1893)、旧庄内藩酒井家によって建てられた米保管倉庫です。近代化産業遺産で、米どころ庄内地方のシンボル的存在です。NHK朝の連続テレビ小説「おしん」 のロケーション舞台にもなりました。

どうしてケヤキが植えられてるの???

こたえ。。。日本海からの強風と、夏の暑い日差しから倉庫を守るために植えられました。

ここに雨水をためる仕組みになっています。

旧鐙屋(きゅうあぶみや)前に、おしんちゃんがいます。

どうしてここにいるの???

こたえ。。。NHK連続テレビ小説「おしん」の加賀屋のセットは、 鐙屋を模していると思われているからのようです。こちらの建物は、国指定文化財です。

 

一泊朝食付きで4950円→2631円(割引クーポン利用)で泊まります。

明日は早起きできるかなあ~

雪もちらついて寒そうなのでちょっと気持ちが萎えています。

ブログを書こうと思っていましたが、いつの間にか眠っていました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *