広島帰省〜2020年9月18日〜22日〜其の壱〜母校&工兵橋(こうへいばし)吊橋編〜

母は9/5土曜日に無事退院!

介護認定は、要支援2→要介護3になりました。自宅に戻り、週2デイサービスを利用していましたが、9/11デイサービスの時に転んでしまい後頭部にタンコブ、9/15腰痛で整形外科に行くと腰の圧迫骨折になっていました。

転んだ時に骨折したんじゃないかなと思うけれど、母は「どうかわからん」って言ってます。

私の広島帰省に合わせて、日曜日は、娘夫婦と広島で合流の予定です。食事会を企画しましたが、母は参加できそうにありません。

9/18(金) 羽田空港JAL267便19時45分→21時10分広島空港21時30分→広島駅→ザロイヤルパークホテル広島リバーサイド泊1

先月に比べると、羽田空港内も活気が出てきました。ラウンジも人数制限をしているので、中に入れず順番を待っている人達がいます。

機内は、ほぼ満席。。。本格的に人が流れ始めたなあと感じます。

東京の夜景を撮影

赤ちゃんがずっと大きな声で泣いています。「広島に着くまでずっと泣きつづけるなあ」と諦めかけてたところ、1時間過ぎた頃にやっと静かになり、イヤホンからの音楽が聞こえてきました😊

しかし、数分後また泣き始めました😔

「なんデシベルかな?」

他の赤ちゃんも連鎖で泣きはじめます。。。

パパとママに合わせて最終便の飛行機なのかな?

やっと、広島空港に到着❗️

広島駅行きのバスに乗ります🚌1台目は満席、2台目のバスに乗れました。乗客は11人、やっと静かになれると思っていたら、、大学生3人が広島駅に到着するまで喋り続けてました☹️

「イオンあるんだ。地方にもあるんだ。」

「エスカレーターあれだよね、大阪とおんなじ。」

「大体、店、閉まってるな、東京もっと明るいかな。もう深夜の感じだな。」

「東京の方が異常なんだよ。」

「いやいや地方では広島は大きい町だから。」

「広島ナンバーの車を見て、広島に来たんだなと思うな。」と、所々話しが聞こえてきます。

広島駅に到着‼️

同じホテルに泊まるカップルと一緒に、なんとなく同じスピードでホテルまで歩いて行きました。

広島駅近く、川のほとりのホテル、7階からの眺めです。高いビルのあたりが広島駅。
主人の会社のビル見えます。
仏舎利塔が見えました😊
のんびり夜景を見ながら、明日のスケジュールの確認🗓

明日は、お昼ご飯を持って主人と実家へ行くことに決めました。

9/19(土) 泊1→朝散歩→主人宅→実家泊2

これから日の出です。日の出時間は、5時57分。

日の出時刻6時7分が境目で、昼間より夜の時間の方が長くなります。

左が猿猴川(えんこうがわ)、右が京橋川

母校(高校)まで行ってみることにしました。卒業してからは、桜の季節に行き、今回で2回目になります。

右端のビルがホテルです。もともとJALのホテルでした。

京橋川に架かる栄橋を渡ります。

栄橋に並行して菅が通ってます。この菅は、なんでしょう❓
こたえ。。。水道管です🙂

栄橋って被曝建物なの❓

こたえ。。。両岸にあるレンガ張りの管防護工が現存する被爆建造物です。

しばらく川沿いを進んでいくと、

高校時代、毎日渡っていた橋が見えてきました。なんていう橋?

こたえ。。。常盤橋(ときわばし)

おまけ。。。被爆資料では旧橋名の「常葉橋」(ときはばし)が用いられています。
新幹線と在来線の線路も並行して走ってます。

橋のたもとに公園に、石碑があります。

あれはなあに?
こたえ。。。国鉄原爆死没者慰霊碑です。
被爆により国鉄職員400人以上が犠牲となりました。

広島って、原爆(平和教育)と同和教育が盛んな地域でした。在日コリアン差別もありました。

大切にしなければいけないことは何だろうと自問する時、道標になるのは広島での経験が大切な部分を占めています。

おまけ。。。張本勲さん(79)は韓国名を張勲(チャンフン)といい、広島市生まれの在日2世でした。被爆者でもあります。民族差別(部落)や放射線後障害の不安と闘い、首位打者7回、通算3085安打などのプロ野球記録を打ち立てました。差別問題があったのにもかかわらず、広島への愛着は深く、核兵器の廃絶と分断が続く朝鮮半島の平和を願う思いは強いそうです。

在来線のガードをくぐります。昔のまんま、変わってない😊
しばらく行くと、道は2つに分かれます。

土手側を走ります。

夾竹桃(キョウチクトウ)

夾竹桃には毒性があるの?

こたえ。。。あります。花や茎はもちろん葉や根など、ほぼすべての部分に含まれています。この毒性は口や粘膜に触れた場合はもちろん、素手で夾竹桃の粘液に触れただけでも炎症を起こしてしまうこともあるため、取扱には細心の注意が必要です。

右側の和風の建物は、病院です🏥
川土手の崩れた石垣は何かなあ?

堤防の跡かもしれませんね。

この辺りは、洪水で被害を受ける事が何度もあったので、江戸時代には「太田川デルタ」の治水事業も行われました。1632(寛永9)年には「堤防取締令」も出され、堤防の保護が命じられていたそうです。

八剣神社(はっけんじんじゃ / やつるぎじんじゃ)⛩ってどんな神社なの❓

こたえ。。。福島正則が広島城主だった時頃、人柱に代え名剣8振を地中に埋めて洪水による土手の被害を防いだといいます。元和3年(1617)に社が建ちました。
引き潮で河岸には流木があちらこちらにあります。ひらってオブジェにしたら良さそう😁
朝日が出てきました🌞
正面の平らな山が武田山、とんがった山が火山⛰川岸に鳥がいます。
いたいた🐦
雁木がたくさんあります。

「水の都・ひろしま」には、いくつの雁木があるの❓

こたえ。。。約 400 個所の雁木があります。現存する河川舟運向け雁木としては日本一の数量を誇ります。
こちらの石垣は古そうです。
工事中🚧の向こうに母校が見えてきました。。。
キャンパスは、建替工事中なのですね。
工事は2年もかかるんだね。
実習に行った幼稚園も新しくなっていました。
キャンパスの入り口、警備員さん、不在です。。。入っちゃおうー
小学校と安田リョウ記念講堂があたらしくなるんだね。
― 学園訓 ― 「柔しく剛く」(やさしくつよく)
安田リョウ先生、みんなと一緒で楽しそう^ ^
原爆犠牲者慰霊碑
安田高等女学校は、県庁北側(現在の平和記念公園付近)で建物疎開作業に動員中の職員、生徒が全滅するなど、多くの犠牲者がありました。職員13人、生徒315人の犠牲者

警備員さんが出てきました。。。卒業生と伝えると、中を案内してくれました。

奥に見えるのがアストラムライン、西口の出入口だそうです。
空の部分に建物が建つんですね。。。
被爆樹木もあります🤭
茶室もあります。

学生が登校してきました。

「制服が変わりましたね」って警備員に話しかけると、

警備員さんが、笑いながら、「制服は今時はナウくなってます。」だって笑

ナウイって言葉、久しぶりに聞きました😁

アストラムラインに駅に行ってみましょうー

駅の入り口

エレベーターで2階に上ると、

駅はもう一つ上
アストラムライン白島駅、きれいな駅じゃねえ〜
安田大学の最寄駅は、安東(やすひがし)。アストラムラインで行けるようになって便利になったもんだ。

吊橋方面に行ってみよう〜

その前に階段を降りて、昔の校舎が残ってるので、近くに行ってみよう!
懐かしの校舎は一部残っていました。
ここにも慰霊碑
陸軍工兵第五連隊の慰霊碑です。
階段を上がると、吊橋に出ます。

工兵橋(こうへいばし)と呼びます😊


工兵橋ってどんな橋❓

こたえ。。。工兵橋は、白島の陸軍工兵第五連隊(現在の安田学園の位置)と牛田の演習場を結ぶため、1933(昭和8)年に架けられました。

原爆で壊れなかったの❓

こたえ。。。原爆によって白島地区は、工兵隊付近を除いて全焼しましたが、この橋は損傷が少なかったため、おおぜいの被爆者が渡って避難していきました。(広島市ホームページより)
渡ります〜

吊橋からの眺め。。。

下流側

日も高くなってきました。奥に見える山は、実家の裏山です!

上流側

武田山が近く見えてくる。この先旧太田川に合流。
懐かしさで、嬉しくなります^ ^
六角形の電気
後ろの建物はJRの官舎かな?昔はJRの官舎でした。
工兵橋(こうへいばし)の上流に新こうへいばしがあります。 
京橋川と旧太田川の分岐地点
旧郵便貯金ホール→上野学園ホールと名称が変わってました。
昔は、広島最大のホールだったので、有名人がたくさんやってきました。
アストラムラインを挟んで、道路向かいに安田学園があります。前回来た時とは少し景色が変わってますね。
ホールの入り口。昔の雰囲気のまま😌
旧太田川沿いを走り、
架線をくぐります。

そろそろ引き返しましょう〜

マンションのそばに見えるトンネルはなんでしょうー
アストラムラインの白島駅

高架下沿いに進めば、迷わずホテルまで帰れますよ。

ガタン、ガタン、ガタンと長ーい貨物列車が通り過ぎます。
高架下には、
朝顔や
白色の白粉花が咲いていました😊
朝早くから開いてる美味しそうなお店だ😋朝ラーメンもいいね👍
物干し竿があります😁よく乾きそう〜

常盤橋まで戻ってきました。ホテルまであと少し。。。

サギがいます∧( ‘Θ’ )∧
常盤橋を渡った先、左手のガードをくぐると学生時代に通った最寄りのバス停があります。学校までは片道、1.5キロありました。

京橋川の対岸にも雁木が見えます。こちらは縮景園内の雁木です。

この杭はなあに❓

船をつなぎ止めるのかな??
杭の近くの堤防⁈ 何か分からんね😅
栄橋とホテルが見えてきました。

ホテルに到着‼️

潮が満ちてきましたねえ。ホテルカフェレストランからの眺めです。

朝ドラ、エールを見て

朝ごはん😋

ホテルを出発〜

広島駅前も工事中👷‍♀️
駅前の郵便局が取り壊されて、空き地になってます😔
駅のロータリーも工事中🏗
広島駅ビルも工事中👷‍♂️

新幹線口を抜け主人宅へ。

荷物を置いて、歩いて実家に向かいます。

母校の前を通り、
学校も改修工事中です🏗

懐かしい裏道を通りながら、歩いていくと、

栗が落ちてる。。。美味しそう。
土砂崩れで工事中だった道路が広くなり歩道も完成しました😀
峠を通り、実家に到着‼️
主人が裏の草木を刈ってくれています。

お尻が白い動物が通ったよと。。。
「お尻が白かったけど、猪じやったんかねー」
奥の方まできれいになったね。

午後からいつもお世話になっている包括センターの担当の方が来てくれました。変更になったスケジュールを持ってきてくれました。

30度くらいあるのに寒いと暖房をかける母の熱中症が心配で、どうしたら良いか相談してみました。「デジタルの温度計を置いたらいいですよ」と。リハビリのために、ヘルパーさんとお食事を作るサービスも利用出来ることを教えて頂きました。

ベットの下のホコリは、掃除のヘルパーさんの仕事の範囲内との事、伝えてくれることになりました。

ゆっくり話しが出来て良かったです。とても優しい方でした。

主人が庭の手入れをしてくれてる間に、私は母の部屋(居間)をきれいにしようと、カーテンやシーツを洗ったり、雑巾掛けをしたりしました。母の咳の原因は緩和されるかな。

居間のカーテンは、母が新調したいと母が言っていたので、ニトリで新調しました。

さあ、買って帰ろうと思ったら、母から電話があり、「やっぱりカーテンキャンセルして、まだ使えるけんと。」

破れてしまってるカーテンなので、ここは強行姿勢でキャンセルしませんでした。主人が「お母さん、カーテンええねえ〜部屋が明るくなったね。」と伝えてくれ、なんとか機嫌がなおりました😚

天気が良くて、洗濯物もよく乾くし、布団もふかふかになりいい気分😻

夕方姉が、「ハマチ一本千円じやった」と半身を持ってきてくれたので、お刺身と煮付けして3人で食べました。こうやって、みんなで食事をとる時間をもっと増やせたらいいね。

今日は早めに就寝。また明日〜



皇居朝ランと東京メトロ24時間切符でぶらり旅🎫~2020年9月16日~

昨晩、大和大神神社(おおみわじんじや)のセミナーがあり参加。合唱再開通知前に申し込んでいたので、合唱はお休みして、こちらを優先しました💁‍♀️夕飯は、ちょっと豪華に成城石井でお買い物。今晩は息子宅に泊めてもらいました。

今日は、しばらくぶりの朝ラン❗️

何度も目覚ましのなる中、やっと目が覚めました。

6時前に出発!皇居ランに出発~

日の出前から走る計画でしたが、お日様はもう出てしまいましたね( 一一)

九段会館前を通ります。

解体工事始まると書いてありましたが、九段会館の一部は保存されるようです!(^^)!
皇居ランニング始めてちょうど1年
朝顔とおしろい花、去年、の今頃も咲いてたね😊
スワンボートって 千鳥ヶ淵 にあったっけ。。。

千鳥ヶ淵 って何の役目を果たしていたの???

こたえ。。。江戸開府当時の千鳥ヶ淵は、水を確保するためのダムとして機能していました。

どうやって水をためたの????

こたえ。。。 麹町から流れる小川をせき止めることで水源を確保しました。

何か実がついてるよ。
ムクロジ?って思ったけれど、違いますね。。。
ムクロジ の実は秋だもんね。
警官?が2人、何か探しているのかな❓
シダがたくさん。。。
これは、シソの葉っぱ?と思ったけれど、シソな香りはせず。なんだろう???
久しぶりのランニングなので無理しないように。。。二重橋からランニング禁止の場所を歩くことにしました😛
誰も歩いていません🙂気持ちいいなあ〜

ランニングコースに戻りました。

見えるのは宮内庁^ ^
菱の葉っぱが枯れてきました。。。
去年は、何が茶色くなっているのかわからなかったよね。
バスの花が一輪残ってました🙂
白鷺みーつけ!

無事に戻って起案した。ずいぶん涼しくなり、汗もあまりかきませんでした。

朝ご飯は、卵焼き&アップルパイ❤

9時前、出発しましょう~

神保町から半蔵門線に乗車。

水天宮駅で下車。。’’どこから社殿に入るのかなあ’’と歩いていたら、警備の方が「こちらからどうぞ」と声をかけてくれる。

こんなに近代的な入り口になったの?

風情のあった水天宮が、すっかりかわってしまいました。

階段を上がると、

「お参りは、家族1人にしてください」アナウンスが流れています。

お参りは、やめました。

半蔵門線に乗って、押上に向かいましょう〜

押上(おしあげ)に到着❗️

ニュースで見た遊歩道は、どっちの方向に行ったらいいんだろう???

駅員さんに聞いて、地図で案内してもらいました😊(おばさんの技を使います)

まずは『MIZU MACHI』方面へ。

十間川(きたじっけんがわ)沿いを歩きます。
上を見上げると、スカイツリーがそびえたってます❗️母と展望台に行ったのが、昨年の3月の事だと思えない。。。東京までよく来てくれたなあと思う。
この先はまだ工事中だ🏗

階段を上がります。


これからまだまだ整備が進んでいくようですね。

工事の様子。。。対岸の開発はこれからですね。
懐かしい遊び。。。
やってみたいな、できるかな❓
振り返るとこんな景色❣️
川沿いをずっと歩いてきました。
しばらく進んでいくと、(線路の下は、ショップになるようですが、工事中)
mizumachiの看板を見つけました。小文字で書くんだね。

もう少し進むと、隅田川沿いに到着❗️

ランニングコースの地図。走ってみたいけど、神保町からは遠いなぁー

いい感じでウォーキングの人がおり、迷わずに『すみだリバーウオーク』い行けました!(^^)!

ここが入り口。
東武の電車がすぐ近くを通ります🚃
こちらは、隅田川の下流側、夜景がきれいでしょうね〜
向こうは、浅草駅方面。気持ちいい〜
景色を見ていたら、警備員2人の話し声が聞こえてきました。。。

あんなに人がいるの初めて見た。定員を半分にしてるから100人くらいしか乗れないよね。並んでいるのは団体さんかなと。。。(水上バス桟橋の話)

水上バスの桟橋じゃない気がする。。。
何の桟橋???

こたえ。。。 屋形船 あみ達  の桟橋でした。船の中で、お昼ご飯がいただけるようです。
橋を渡ってから見たスカイツリー^ – ^
東武鉄道浅草駅は、急カーブの先にありますね。カーブの曲がり具合が好きです💛

そして、レトロな建物の東武デパート!(^^)!

浅東武デパートの屋上に行ってみよう〜

エレベーターで屋上へ。

屋上に到着😊

同じようなもの好きな男の子がいました(笑)

歩いた道が見えますね。
時計台もいいねえー→太平洋戦争の時に取り外された時計を2012年、70年ぶりに復活しました。

建物探検心に火がつきました😁

蒲郡クラッシックホテルを設計した久野 節(くの みさお )が、浅草駅も設計したのでしたね。

階段を観察してみよう。

裸火ってなあに❓

こたえ。。。おおいやかこいがなく、炎が露出して燃えている火。
女性らしさを感じるような作りですね。
ト音記号にも似ているね。
顔に見える😁
下の階は、蓋で隠してありました。
どうしてあるんだろうあの扉の疑問???
壁のカーブ
天井のカーブ

ずっと残してもらいたい建物です😼

デパート2階にある東武鉄道浅草駅🚉

『すみだリバーウォーク』の宣伝(^^♪、これから人気が出てきそうなエリアですね。

浅草東武駅でほっこり気分になりました😸

次に向かうのは、上野🐼

神谷バーの前を通り、

浅草に到着❗️

銀座線で上野駅に向かいます。

上野駅に到着❗️

レストラン街を抜けて、エスカレーターに乗り、上野公園へ。

あら、桜が咲いてる🌸🌸🌸
寛永寺の入り口に来ました。
せっかくなので寛永寺にお参り。

不忍池方面を覗いてみる。。。

上野動物園に入ろうと思ったけれど、

すごい人。。。入るのは諦めました。
パンダ🐼ポストに挨拶して、上野駅へ。
工事中のJR上野駅公園口前👷‍♂️どんなふうに変わっていくのか楽しみ。。。

上野駅から日比谷線で北千住へ。

駅前の歩道橋から街を見る👀

少し商店街を歩いてみたけど、人が多いー

人ごみの中を歩く元気は残ってません。そろそろ帰りましょうー

北千住駅🚉

帰りは千代田線を使って、大手町で乗り換え神保町へ。

半日旅、よく遊びました、楽しかった😊

息子は毎晩遅くまで仕事をしている様子、掃除と餃子を作って自宅に帰りましょうー

我が家の晩ご飯も餃子を食べました🥟

東京メトロ24時間切符を買って、またぶらり旅に行ってみようと思います。

おしまい

諏訪湖一周サイクリングと原田泰治美術館~諏訪神社下社秋宮~万治の石仏~2020年8月29日〜

8/29 (土) センター南5時28分→5時36分中山5時53分→6時31分八王子6時35分→9時38分下諏訪10時サイクリング→原田泰治美術館→諏訪大社→万仏→14時半自転車返却→下諏訪14時52分→16時40分塩山17時20分→18時47分八王子18時54分→19時31分中山19時36分→19時45分センター南

青春18きっぷで、諏訪湖一周サイクリングを計画しました。

八王子始発松本行きの車内は、9割は登山靴を履いている人達です。 

座れない人もいます。見ていると、私も山に登りたくなり、山の計画にすれば良かったなあと思ったりしています(>_<)

甲斐大和でどっと人が下りる。大菩薩峠に行くのかな?

茅野駅でほぼ乗客はいなくなる。

下諏訪駅に到着❗️

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1B7D3037-6C4C-455E-B799-091775D9C1C5-1024x768.jpeg

下諏訪駅のホームの時計🕰😁

案内所に寄り、教えていただいたレンタサイクルのお店を目指します。

電動自転車が1時間100円で借りることができます。

諏訪湖は一周16キロ、2時間あれば一周できるそうです。

出発しまーす!

10分も走ると、諏訪湖畔に到着します。

足湯のところに、可愛いくまちゃん見つけました。
少し暑いけど、快適な道を走ります🤗
看板も新しいそうですね。
もう少しで秋がくるねー
あの鳥はなんだろう?と見ていたら、近くのベンチに座っていた老夫婦が’’トンビ’’と教えてくれました‼️

木陰は、涼しくて気持良さそう〜
一周できるかなあ~
大きなマツカサ

近くに親子像がありました。

お母さんのマスクは、おろしたままになってるね😥コロナに気を付けて。。。

釜口水門に到着‼️

日影がないねえ~

諏訪湖の水はどこの川に流れるの???

こたえ。。。天竜川

魚の通る道、船の通る道があります。

お魚の道
こんな仕組みになっているんだね。

ここは???

こたえ。。。船の道
水の量を調整してエレベーターのようにして、出口に向かうんだね。
真ん中はたくさん水が天竜川に流れています。
あれはなんだろう❓

噴水だ⛲️

しばらく走っていると、湖の方に鳥の休憩所のような場所が見えました。

小さくて見づらいけれど、鳥たちがいるのが見えます。
サギもはたくさん生息しているようです。

諏訪湖でワカサギ釣りもできます。

釣り竿とエサがあれば、1000円で遊べるね。
歩く人の安全を確保するため、サイクリング道と分けられています。
可愛い欄干🦆
これはなあに❓

こたえ。。。大四つ手綱
小さな池がありました。
菱の花と、
ガマの実

しばらく休憩~

近くにこんな水門もありました。
温泉プール♨️すわっこランド
賑わってます。
湖面に映る雲、綺麗だなあ

あの黄色いものはなあに❓

水の中に咲いてる。。。???

原田泰治美術館が見えてきた。

去年、家族全員の反対により、入れなかった美術館。

行ってみよう〜

お腹が空いたので、まずはお昼ご飯を食べましょう〜

ピザを注文🍕
入場券を買うと、レストラン100円引きの割引券がもらえます。
この絵見たことあるでしょ!

1982年4月から朝日 新聞日曜版に「原田泰治の世界展」の連載開始 、127週続きました。
やっと訪れることができました。

一人だと自分の好きな場所に好きなだけいられるのがいいよね❤

かりんちゃんバス停の側に、たくさんの『かりん』の実がなっていました。
「諏訪湖探検ダックツアー」 🚌
手の上に何か止まってるよ。
八重垣姫の像 の上、調子に乗ってるオオハシ

上諏訪あたりは、建物も多くなり賑わっていますね。

いい景色。。。湖畔近くにホテルがあります。
標高は759メートルもある🙄
汗はそんなに書かない😅
たくさん水鳥がおるね。
羽を広げるのが人気なのかな?

タケヤみその看板だ❣️

タケヤみそってこの辺りが本社なのね。
1872年諏訪市柳町にて「みそかんばん」を掲げ、営業開始しました。
よく走ったねー  あと少し。。。

諏訪湖一周無事走り切りました🥰

スーパーに寄って、飲み物を買って休憩〜

元気を撮り戻して、下諏訪神社へ。

道の真ん中に橋出現😲なあに???

こたえ。。。下馬橋 ( げばのはし )
下社で最も古い建造物とされ、年二回、遷座祭、お舟祭の折、御霊代を運ぶ神輿はここを通ります。どんなに身分の高い人もこの橋の前で馬や籠を降り、参拝したといいます
大きな狛犬さん、
お鼻の穴が大きいね!
諏訪神社下社秋宮 (しもしゃあきみや) 社殿に到着⛩

家族と恩師の健康とコロナ収束をお祈りしました。

素晴らしい彫刻。ゆっくり時間をかけて見学したいけれど、帰る時間が迫ってきました。
境内に万治の石仏案内がありました。
観光案内所にて、ぜひ行ってみてくださいと言われていた場所です。
橋を渡って進んでいくと、
ありました。『万治の石仏』 (まんじのせきぶつ)
おおきいね🤭

どうしてそんなに有名になったの???

こたえ。。。たまたま諏訪大社の御柱祭を見学に来られこの石仏と対面された、画家の岡本太郎さんや、作家の新田次郎さん方が感嘆されたことにより、一躍話題を呼び講演又は雑誌等で全国に紹介され知られることになりまし た。

こちらの石像もお鼻が大きいね。

石仏はいつ造られたの???

こたえ。。。 江戸時代前期の1660年(万治3年)に造られました。

手の形、くるんと曲がった指が愛らしい😊

お参りの仕方~
一. 正面で一礼し、手を合わせて「よろずおさまりますように」と心で念じる
二. 石仏の周りを願い事を心で唱えながら時計回りに三周する
三. 正面に戻り「よろずおさめました」と唱えてから一礼する

木陰は気持ちよさそう~
流れが激しいから落ちないようにね。
岡本太郎の石碑ってなんだろう❓石碑の前を通って帰ろう。
これだね。

川遊びたのしそう~!(^^)!

温泉に入る時間は無くなりました。

自転車を返却しましょうー

あら、岡本太郎の写真がある。

フレールってどんなお店なの❓

こたえ。。。岡本太郎も愛した、下諏訪町で50年近く営業する老舗のケーキ店です。

入っちゃおうー

シュークリームを店内で頂きました。

そして、万治の石仏クッキーをお土産に買いました。

あと30分後で電車が来ちゃう、駅に戻らなきゃあ!

自転車を返却、代金は5時間で500円。

電動自転車でこのお値段、日本一安いかもしれないね。大変お世話になりました。

下諏訪駅に戻ってきました。

アイスクリームを食べて、カルピスを飲んで着替えてクールダウン。

電車の中でうとうとしていたら、甲府で乗り換えのはずなのに、もう通り過ぎている。。。。(*’▽’)

塩山で40分乗り継ぎ待ち。。。

塩山の町をぶらぶらしながら、八百屋さんに入ってみました。

「何かお探しですか?」と声をかけられる。「地元でおすすめのものがあれば。。。」と答えると、

「シャインマスカットだね。5日後だったら最高に甘いぶどう🍇が届くんだけど、残念だったねー」と。

シャインマスカットについて、色々と教えて頂きました。商売にならない客なのに、話し相手になってくれました。

「また美味しいぶどう仕入れとくから、買いに来てねー」と言われる。商売気がなくて、信用出来るお店だなって思う。塩山にきたら、また行ってみよう。

キオスクで何か買おうと駅に戻ってみると、えーもう閉まってる😞18時で閉まるという概念がなかった。

自動販売機で飲み物を買い、コトコト電車に揺られ帰ってきました。

諏訪湖一周、目標達成できて良かった😉

明日は、息子に東京ステーションホテルのランチに付き合ってもらう予定です。

それには理由が。。。主人が横浜に帰省時に一緒に行くはずでしたが、のどが痛くなり、キャンセルになりました。クラッシックホテルスタンプのプレゼントランチ券なので、有効期限9/4まで。息子に付き合ってもらうことになりました。娘夫婦にも、ペアランチ券をあげました。平等にせねばね。

ブランルージュのパン🍞刻印入りのパンに変わりました。オリーブオイルは付いていません。

刻印は、T S Hって書いてあるのかな(東京ステーションホテルの略❓)

おまけ。。。ランチの後に、六本木ヒルズ8/31までの招待券あり、寄り道。。。

👇
夕方になりました。
👇
夜景
👇
飛行機もよく見える✈️👇
雲の飛行機も見つけたよ✈️

今年は、高い山から雲を眺める事ができなかったけれど、都会の真ん中で、こんなにきれいな雲を眺められるなんて思ってもいませんでした。山のてっぺんにいるような気分を味わいました😊

ここは、海抜270メートル

滞在時間4時間😁

展望台を見学後、窓側の席で、ちょっと休憩のつもりが、
こんなに食べているうちに夕日の時間になりました😛そして、再度展望台へ、二回も展望台に行く人いるのかな、ちょっと気が引けました😓

おしまい。


広島帰省2020年8月19日〜23日~其の弐~菅谷たたら・世羅高原・広島県北・島根編〜

8/22(土)泊3→道の駅やすらぎ→森のさらだ館あしび→道の駅たかの→道の駅たたらば壱番地→菅谷たたら山内.山内生活伝承感→鉄の未来科学館→せら幸水農園→コメリ(スーパー)→主人宅泊4

姉一家が、9時前に迎えにきてくれる。ミステリーツアーに出発〜😉

上深川方面、芸備線に沿って行くようです。
2018年7月の西日本豪雨で流失し再建された、芸備線白木山―狩留家間の第1三篠川橋梁(きょうりょう) です。

再建にはどのくらいの期間がかかったの???

こたえ。。。1年3カ月かかりました。

父が魚釣によく連れて来てくれた場所だ!と確信しました。
この橋の下で、ピチピチはねながら遡上してくる魚を捕まえたり、石で堤防を作ったり、よく遊んだ🐟今でも夢に見る場所です。

向原町に入りました。

大学時代、向原町の大土山 ( おおづちやま) 800メートルに登ったなあ〜と思い出しました。どんな山だったか全然覚えていませんが、またワンゲル仲間と一緒に登れたら楽しいだろうな🙂

しばらく走ると、主人が「神の倉山(561メートル)に登ったことあるよ、
あの木のないところから、パラグライダー出発地点 だよ」と指をさして教えてくれました。👇

私も雲海を見るために登ったことがあると思い出した。

昔は山女でしたから。。。『旅鳥 広島の山歩き 広島修道大学ワンダーフォーゲル部 』の本を見て、よく一人で山登りをしていました。

向原町の『道の駅やすらぎ』でトイレタイム❗️

甘酒を買ってみました。

オバケのQ太郎だ!
なぜここに???
トイレ前の飾り。。。手作りだね❣️

地域の人達が大切に施設を守ってる心遣いが伝わってきて、癒される🙂

ええねえ~広島❤

たかので高速道路を降ります。

何とこの区間(尾道松江道の一部)の高速道路無料なんだって😳信じられん。。。。
アップルロードを通って、
’’レストランあしび’’に到着‼️

「車が止まっとらんけど、あいとるんかね?」

「ノボリが立っとるけん、あいとるじゃろう〜」と車を止め立て、近くまで行ってみる。

入り口に、立派な蝶が飛んできました。

クロアゲハだ❗️

あしびはあいとるかねえ?

あいとった😝

一番乗りじゃね〜!(^^)!


オススメのステーキセットを注文🥩 「千円じゃあ思うとったら、値上がりしたんじゃー」と。。。

テレビで紹介されてからは、早くいかんとすぐには入れないらしい。。。

すごい!これで1280円😳
肉の厚みも3センチくらいありそう〜

柔らかいお肉でぜーんぶたいらげました😛

お店はしばらくすると、ほぼ満席になりました。

主人は後日、バイクでステーキ丼を食べに行ったそうです。ええねえー

ご飯のあとは、少し車で移動して、『道の駅たかの』へ。

’’ゆきむろ’’って面白い場所があるんだって‼️

道の駅たかのに到着❗️
島根県との県境にあるんじやね。
ゆきむろ⛄️あった
しかし、休業中ー残念😓

ゆきむろってなあに⁈👇

天然の冷蔵庫なんじゃね。
ここは、比婆も近い。。。
ヒバゴンやツチノコで有名だよねー

奥出雲方面へ向かうよ。

『道の駅たたらば壱番地』に到着‼️

木次コーヒー牛乳 を買いました。

木次コーヒー牛乳はおいしいねえ^ ^

木次といえば、あの高級イタリアンレストラン田窪で、バニラアイスクリームに使っていた牛乳の会社です。よくここの牛乳を見つけたね。

どんどん山の中に入っていきます。

ええ景色じゃねえ😽

菅谷 (すがや) たたら山内 (さんない) の看板ありました。

山内(さんない)ってどういう意味???

こたえ。。。たたら製鉄に従事していた人の職場や住んでいた地区の総称だそうです。

全国唯一現存する「菅谷たたらの高殿(たかどの→高く作った建物)」がある場所だそうです。標高は350メートルあります。

ワクワクするねー


雲南市吉田町菅谷地区の豊かな自然の中で、できるだけ農薬を減らして作るお米の栽培に取り組んでいます。
平成30年の宮内庁で催された新嘗祭に、農事組合法人すがやが献穀を行いました。

仁多米つて本当においしいお米です。どうしてそんなにおいしいの???

こたえ。。。 良質な砂鉄が取れる土地なので、土に含まれる栄養分にも特徴があり、それがお米の味に影響を与えているそうです。寒暖の差が大きいのも、奥出雲が米づくりに適している理由のひとつです。

どうしてこのあたりで農業が発展したの???

こたえ。。。 鉱物を採集したあとの土地は荒廃することが多いのですが、たたらの人たちは切り崩した山のあとに棚田をつくったのでこのあたりの農業が発展しました!(^^)!

この道を歩いて行くのかな❓
こっちの道ですよー
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 765B3500-6C00-4E0D-ACF2-B66658BA8F46-1024x768.jpeg

栗だ🌰🌰🌰
駐車しているのは、私たちの車だけだねー🚙
「菅谷たたらの高殿」 見えてきた😺
大きな木じゃねえ~
何の木?

こたえ。。。製鉄に従事する人たちが、御神木とあがめた桂(かつら)の木です。
 
菅谷たたら山内の桂の木は、年に3日だけ花を見ることができます。
開花一週間あと「黄金色」 →「緑色」(新緑)
元小屋(菅谷伝承館)に到着!
誰もおらんね。。。
入り口に猫🐱

「菅谷高殿」 の方から係りの方が、’’入場料はあとでいいから、先にこちらの見学をどうぞ‘’と声をかけてくださる。

『もののけ姫』に登場する「たたら場」のモデル になった 場所に入ります(^^♪

鉄穴(かんな)流し ってなあに???

こたえ。。。砂鉄を採取する手法のことです。
重い砂鉄は底に残ります。 これを何度か繰り返すことにより純度の高い砂鉄に淘汰(とうた→
不用の物を除き去ること) されるという仕組みになっています。


鉄穴流しが行われていたのは、毎年、秋の彼岸から春の彼岸までです。計6カ月間ですが、1か月間は準備に費やし、残り5か月間で実際の鉄穴流しを行っていました。

1日どのくらい砂鉄がとれたの?

こたえ。。。2トンを採取していました。鉄穴場1ヶ所からの5か月間の採取量は約300トンでした。

300トン採取するのにどれくらいの土が必要だったの???

こたえ。。7万5千トン必要でした。砂鉄は1/250しか取れないんですね。

村下(むらげ)座ってなあに❓

こたえ。。。たたら製鉄における技師長のことで、世襲で一子相伝(いっしそうでん)でたたらの火が消えるまで引き継がれてきました。村下の仕事ぶりは全て経験と勘によって決まり、その科学観・自然観は優秀な鋼を生む源でした 。
釜(炉)を挟んで、この対面にも裏村下(うらむらげ)が居ました。


一子相伝(いっしそうでん) って???

こたえ。。。学問や技芸などの秘伝や奥義を、自分の子供の一人だけに伝えて、他には秘密にして漏らさないこと。▽「相伝」は代々伝えること。

「菅谷たたら山内」 はいつから始まったの???

こたえ。。。 鎌倉時代からたたら製鉄が始まりました。

おまけ。。。村下には、表村下ともう一人、裏村下(副技師長)がいました。釜(炉)に砂鉄をくべるのは、この二人だけです。
その他に炭をくべる係り、炭焚が1名いました。

全て人力によって行われていた「たたら製鉄」 ですが、 明治期になると水車が導入されました。

足こぎふいごは、どのくらいの時間ふみ続けるの???

こたえ。。。 番子が各台に3名、計6名おり、 番子は交代制で、1時間踏むと2時間休み、 72時間交代で踏み続けます。

おまけ。。。かわりばんこ語源には、たたら製鉄(「たたら」と呼ばれる足を踏んで空気を送る装置を使っ製鉄)で、交代制であっ労働者のことを「番子(ばんこ)」といったことからとする説が多く見られる かわりばんこという語源にもなっています。
そのほかに小廻り(雑用をこなす)が2名いました 。

この下に、地下空洞があります。どうして???

こたえ。。。空洞のある地下構造にして爆発が起きないようにしたそうです。
地下構造が無いと、炉は地下のすべての湿気を吸い込み、
炉は水蒸気爆発を起こします。

おまけ。。。地下構造は、18世紀になって完成しました。これにより鉄の大量生産が可能になり、日本中に出雲の鉄の名声は響き渡りました。

三日三晩にわたる一連の作業には、どのくらいの材料が必要なの???

こたえ。。。・砂鉄 7~10トン・木炭 8~13トン・釜土 3~4トン

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2195AF81-BF2C-47A1-9F79-B3CA4D169604-1024x768.jpeg
こちらが地下の穴です。特別に見せていただきました。
あの高くなっている場所はなあに???

こたえ。。。高殿内の正面の神棚金屋子神 (かなやごかみ、かなやこかみ) として祀られ、操業が終了すると、関係者全員が操業の無事を感謝してお参りするのが習わしとなっています。
ケラ(鉄の塊)の生成の過程で生まれる不純物ノロが流れ出します。ノロは製品に加工することができないカスのようなものですが、炉内の温度を高める役割があり、その出方をコントロールするのも村下の仕事でした。

たたらの作業は秋の彼岸から春の彼岸までの農閑期に行なう理由の一つに、 不純物が川に流れ、田んぼに流れると、お米が育ちにくくなると理由もあったようです。

炉の中に風を吹き込む「木呂(きろ)」、穴の大きさで火力を調節します。

高殿内で行われるれるたたら製鉄では、最も重要なのはなあに???

こたえ。。。地下構造です。炉の下には深さ3~5メートル、縦横に6.5メートルほどの深い穴が掘られ、ここに多数の石や砂利、土などを敷きつめ、最下部には排水溝を設置します。さらにその上には保温防湿のための「小舟こぶね」と呼ばれる空間と、薪を燃やした灰をつき固めた炉床「本床ほんどこ」を作ります。こうした複雑な地下構造は安定した高温操業のために不可欠な設備で、1回の操業ごとに壊される炉と違い、1度作るとこの地下構造は半永久的に利用できました。

炭坂(すみさか) 座

炭坂(すみさか) ってなあに???

こたえ。。。裏村下ともいわれ、村下の向こう側にて砂鉄を投入する村下に継ぐ技術者です。本務は炭を司る職で、炭の品質を見て炭の投入を炭焚きに指示します。炭を司る炭司(すみつかさ)が炭坂になまったともいわれています。
副技師長の役目の方のことですね。
小廻詰所ってなあに?

こたえ。。。職人詰所(控え室) です。
旧藩子部屋ってなあに?
 
こたえ。。。旧松江藩は、有力なたたら製鉄経営者であった田部(たなべ)家(雲南市吉田町)、櫻井(さくらい)家(奥出雲町上阿井)、絲原(いとはら)家(奥出雲町大谷)などを鉄師として製鉄を許可し、藩の財政に貢献させました。
平成29年公開された錦織良成監督(出雲市出身)の映画「たたら侍」。島根を舞台に、「ご縁の国しまね」プロモーションのイメージキャラクター3人が出演しました。
炎が2メートル上がるので天井が高くなっています。

建物の大きさは???

こたえ。。。 地面から屋根の天辺 までは26.2メートル。 建物は一辺が18.3メートルの正四角形です

桂の木の説明を熱心にきく。。。
年に3日だけ桂の花 見てみたいねえ~ 3月下旬から4月にかけて 咲くそうですよ。
これは屋根のこけら葺きに使う木材
いつ頃まで使われていたの❓

こたえ。。。大正12年(1923年)まで使われていました。

おまけ。。。ケラ押し( 三日三晩にわたる一連の作業) は昭和8年(1933年)より始まり、 「靖国たたら」 (日本刀の原料として玉鋼の製造) により生き残ることになるりました。昭和20年(1945年) 作刀用鋼材を供給し続けました。

昭和40年まで、ここで炭を焼いており、大番頭もいました。木炭の保管庫として使われ、建物がそのまま残りました。


鉧(けら) →(鋼を主体にしたかたまり) 立場の中を見学させていただきました。
凄いいなあ~
屋根のこけら葺きに使う木材
大銅場(おおどうば)

後ろの上にある茶色い長方形のものはなあに??

こたえ。。分銅です。

どのくらいの重さがあるの???

こたえ。。。分銅の重さは500貫(1875キロ)あります。
これを水車の力を利用して持ち上げ、
下に置いた鉧(ケラ)の塊に向かって打ち下ろします。

ケラをどのくらいの大きさにするの???

こたえ。。。900~1200貫(3375キロ~4500キロ)のケラを40貫(150キロ)位の塊にします。
👇水車
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 556C966D-E34B-4247-B61D-A73CE4800787-768x1024.jpeg

最後に元小屋(山内生活伝承館)に入ります。

この塊は❓
たたら製鉄で取り出された純度の高い鋼である「玉鋼」 (たまはがね) です。
2.5トンのケラの塊が出来上がりの中から、日本刀の材料になる玉鋼(たまはがね)は約1トンほどしか取れません。
そしてこの後は、この2.5トンの塊を大銅場 (おおどうば) へ運ばれ、ここで大きな分銅によって破砕されます。
中国山地で採取されるたたら製鉄用の砂鉄は、真砂(まさ)砂鉄と赤目(あこめ)砂鉄2種類があります。
建物の奥にも道が続いてます。。。
色々教えてもらって満足😝
事務所的役割をしていた元小屋 (天保末期の頃の建物 )
二階建て柿葺き(こけらぶき)木造のこの建物には四畳半から十畳の部屋がいくつかあり、風呂場、台所など当時の生活の現場が残っています。
三軒長屋は修繕中~
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 500407DB-FFFC-45D0-94F9-0D75ED826542-768x1024.jpeg
桂の木また会いに来るね~

鉄の未来科学館に車で向かいます。

鉄の歴史村前に到着~

あらん、鉄の未来科学館は16時まで😓コロナ対策で1時間早く閉館です。
間に合わんかった。。。
ここにもネコ🐱
中国山地かな〜三瓶山のようだね。

そろそろ帰りましょう~

古い街並みも残ってます。
菅谷たたら山内(さんない)と呼ばれる地区。たたら製鉄の技術者たちの日常生活がここで営まれていた。最盛期は40世帯、約170人が住み、この他にもたたらの技術者集団が60人ほど生活をしていたそうです。
山の上にお城?🏯

こたえ。。。 天守閣を模した展望台 です→ この山を古城山といい、16世紀の戦国時代に今高野山城があったところです。

広島県にはいくつの城跡があるの???

こたえ。。。444個あります( ゚Д゚)

’’開いとったらええねえ~’’と話しながら、

世羅にある梨園に寄ってみることにしました。

梨狩りもできる世羅幸水農園、開いとった(^^♪

もぎたての梨を買いました。

山の中を抜けて、
白木山駅近くに戻ってきました。地元のスーパーでお買い物😃

山頂に鉄塔が立っているのが白木山。私の母と一緒に登った事があります。

主人は、もう数回登ったそうですが。。。😳

姉が、’’あの山の上にお城跡があるんよ’’と。。。

なんていうお城かな?

こたえ。。。安芸 木の宗山城 。
山頂には天門年間(16世紀)に吉川興経(1508-1550)が築いたと伝えられる山城の跡が残っています。
実家の裏山に近くまで帰ってきました。
姉から花オクラを半分もらいました。

どうやって食べるの❓

こたえ。。。花びらにとって、三杯酢に浸して食べる。
ちょっとヌルッとして、食べるのに勇気がいりましたが、栄養がありそうでした。

夕方、親友と梨とブドウの物々交換(笑)

夕飯は、新鮮野菜を使っての晩御飯。おいしかった!(^^)!

明日は早起きしなくちゃ、おやすみなさい。

8/23(日)泊4→広島駅5時50分→6時40分広島空港7時35分ANA672便→9時羽田空港

早朝の広島駅、始発のバスに乗り空港へ。
ラウンジが開くまで、空港の展望デッキに行ってみました。

ワンゲルの友人が、’’北大に行く息子をここでみんなで見送ったんよ’’と言う話を思い出しました。
飛行機、準備中~
出光の石油を入れるんだね。
このキャラクターはなあに❓

こたえ。。。ソラミイ
プロフィール名前ソラミィ性別なし(ロボットなので)誕生日2013年(平成25年)10月20日趣味空を見ること。

ボテイの線はなあに❓

こたえ。。。滑走路をイメージしたボテイスーツです😽

背中についているのはなあに❓

こたえ。。。ジェットで空を飛べます😸

コロナの影響で欠航が目立ちます💦
富士山🗻を見て羽田空港へ。

母が、家に帰るという気持ちで、退院までの間に
リハビリを頑張ってくれるのを願うばかりです。

おしまい

広島帰省2020年8月19日〜23日〜其の壱平和公園編〜

8/19(水) 羽田空港19時30分ANA685便→20時50分広島空港21時25分→22時25分広島バスセンター→ANAクラウンプラザホテル泊1

20日、21日と退院後の母の過ごし方、金融関係の手続き等で帰省することになりました。

祖母と父のお墓に近いホテルに宿泊!
左側の白い背の高い建物が、先月宿泊したリーガロイヤルホテル。

明日は、早起きしてお墓参りと平和公園に行ってみよう~(つ∀-)オヤスミー

8/20(木) 泊1→平和公園朝散歩・お墓参り→JR病院→主人宅泊2

朝日とともに目覚めました。

ホテルの隣にある、白神神社にお参り。
クスノキ、狛犬、常夜灯など、被爆したものが現在も残されています。

爆心地から約500メートル


寛政五年(1793年)9月奉納。
2体とも傷だらけですが頑張って立ち続けています。
昭和8年(1933年)2月奉納
台座は黒く焦げてしまったんでしょうね。
こちらにも被爆狛犬
どうしても原爆の爪痕を探してしまいます。

文化2年(1805年)奉納

この場所に立ち寄り、お参りしていく方々の姿が見られました。

カープ鯉<゜)))彡

ここは鯉城通り

広電市内電車がが通っています。
かつて京都を走っていた車両1905が通りました。

平和大橋を渡ります。

イサム・ノグチ 1953 デザイン
原爆ドームが見えてきました。
雁木(がんぎ) →船着場で船荷を積み下ろしするために使う階段。 も見えますね。
下りてみました。泥の上は滑りそう~
平和大橋
昔の様子。。。
公園にラジオ体操の音が鳴り響いています。
誰も来ないうちに公園内をお散歩~
まだ誰もこんね。(来ない)
原爆死没者名簿がおさめられている場所です。

2020年(令和2年)7月1日からリニューアルオープン したレストハウス

元安川を上流に向かって歩いてみます。

相生橋も見えていますね。
おはよう~
T字形の相生橋
被爆当日、この橋付近に居た人々がほぼ即死状態で大勢亡くなっています。
平和の象徴のハト

平和公園にはたくさんのハトがいました。

子供の頃には、よくえさをやりに来ていたなあ~

爆心地の地図
上空約600メートルで原爆が炸裂したんですね。
近くにかわいい像がありました。
相生橋、電車が通ている側からパチリ📸

相生橋はいつ架け替えられたの?

こたえ。。。昭和58年10月に架け替えられました。

あの時計台はなあに???

こたえ。。。平和の時計塔1967年10月にライオンズクラブが建設しました。

どうして下の方が曲がっているの???

こたえ。。。 世界人類を象徴した球体が、平和都市ヒロシマの市民の深い祈りの手と、苦難を超え、無限に伸びていく平和への希望を表しているそうです。
階段を下りて、相生橋をくぐります。
下から見た相生橋。
出っ張った場所は何でしょう~
近くまで行ってみたけれど???海上タクシーで使うのかな? 
お花畑だ😍
ひまわり🌻も咲いてる!(^^)!
お社が見えますね、何をお祀りしているのかな?

こたえ。。。中津宮といい、 室町時代末期、豪商・中津某が筑前・宗像大社から分霊を勧請したのがこの神社の始まりです。原爆のあと、再建されたのですね。
蒸気機関車C59161,
大阪万国博覧会(1970年)に行ったときに乗ったのは、この蒸気機関車だったかも・・・
旧護国神社の被爆した台座ってなあに???👇
旧市民球場跡。

原爆ドームの前を通り、

熱で曲がった階段

原爆ドーム(広島県物産陳列館)は誰が設計したの???

こたえ。。。 ヤン・レッツェル(1880年4月9日 – 1925年12月26日)チェコの建築家です。

日本に残っている建物はあるの?

こたえ。。。 レツルが日本で設計を手がけた建物は、ほとんどが地震・戦災・火災などで消失しています。残っているのは、 聖心女子学院校舎正門です。

元安橋を渡り、

川沿いを歩きます。

宮島行きの船が出航するね。
サギがいた🐤
対岸に、かきかなわ の船が見えてます。

原爆資料館到着❗️

整理券を受け取り、指定された時間に見学します。(コロナ対策)
噴水のしぶきを浴びて、少し涼んで百メートル道路を歩いて、お墓参りに行きましょう〜
千羽鶴『平和な世界へ』横浜市の方々が願いを込めて折ったのですね😊

白神社まで戻ってきました。

線路の敷石も考えてみると、被曝しているんですね。広島に住んでいる時は、そんなこと考えたこともなかった🤔

浄土宗 妙慶院 清岸寺に到着‼️

父が先祖代々の永代供養をお願いしたお寺ですが、本当に心が温まるお寺だなあと思います。

ブログも始められたようで、読んでみました。被曝体験の新聞もありました。光ってますが、なんとか読めます。

お墓参りになると、心が少し浄化されます。心の中は、反省する事ばかり。。。

ホテルに戻り朝ごはん😋

美味しそう〜

ホテルからの景色、広島も少しずつ背の高いマンションが立ち、景色も変わっていきますね。

平和大橋が見えました。
外は暑そうー😓
母は、「病室から毎日仏舎利塔を眺めとる」って言ってます。

チェックアウトの手続きを済ませ、広島駅へ。

長崎堂のバターケーキのお店によってみましょう〜

まだ売り切れてなかった。2個買いました。
八丁堀から電車で広島駅へ。

荷物を主人の家に置いて、急いで病院へ。もう汗だく💦

10分前に到着‼️

主治医の先生からのお話。母も病室から車椅子で参加しました。私は横浜から来たんじゃけど大丈夫?って思いましたが。。。みんなと少し離れ気味に座りました。

先生が、「退院後、一人暮らしは難しいと思います」「治療することはないのに、リハビリも進んでいません。本人が自分で頑張る気持ちがなくなっているようです」「話に発展がなく同じ事を繰り返し言います」と。

「650年続いた最後のひとりですから、家に帰りたいんです。」と何度も訴えます。

話し合いの末、「家に戻るという事でいいんですね」と数回念を押され、家に戻るという方向に決まりました。

主治医としては、家で怪我をした時のことをとても心配してくれてました。

「同じ事を何度も言うのは前からじゃもんね」「650年続いたと言うのは初めて聞いたね」と姉と話す。650年前って室町時代❓

母の思うよう進めて、もし無理だったら、その時に考えようと、決めました。

実家近くの工事👷‍♀️進んできたねーと
毎回気になる。

姉と姪っ子と実家の片付け。百科事典はもういらんよねとか、庭の掃除とか🧹手分けして少し片付きました。

主人の家に送ってもらう。

親友に連絡して、「主人の家に着いたら連絡するね」と話していました。

「着いたよ」って連絡したら、すぐに主人の部屋に来てくれました。主人が帰って来るまで、お互いの介護の事など話ができました。

「みんな頑張っとるんじゃね」と心が軽くなりました😊

主人がニンニク入り肉炒めを作ってくれる😀

デザートにバターケーキと浜梨を食べたよ😉

おやすみなさい😴

8/21(金)泊3→金融機関まわりと片付け→主人宅3

姉と2人、午前中金融機関まわり、お昼はスーパーの広島焼きを買い、片付け。午後から義兄と姪っ子も来てくれる。

明日は息抜きにドライブに行こうと誘ってくれました。

晩御飯、今日も主人がツナとピーマンの料理を作ってくれました。

ありがとう〜😀

主人は、母の事を「先もそんなに長くないんだし、お母さんの思うようにしてあげたらいいんじゃないん」と。いつも広島の家の事も手伝ってくれているので感謝です😊

なるようにしかならんね。

明日のドライブ楽しみー

おやすみなさい⭐

飯盛山ハイキングと清里清泉寮〜8月10日(月)〜11(火)〜清泉寮編〜

8/11日(火) 泊1→朝散歩→ポール記念館→11時45分送迎車→清里12時9分→小渕沢→甲府→高尾15時31分→16時38分八王子16時42分→16時21分中山16時30分→16時37分センター南

ベランダに出てみる。ガスがかかってるね。
本館の塔が見えます。
清泉寮の案内図によると、ハンターホールという場所ですね。

どうして 「清泉寮」の名前はがついたの???

こたえ。。。八ヶ岳南麓にある「清里」と「大泉」という地名からそれぞれ一文字ずつとり、 「清泉寮」 と名前が付きました。

外が明るくなると、昨日いたロビーも少し違った印象を受けます。
廊下の電気もおしゃれでしょ!
清泉寮のトレードマークの赤い三角屋根。
右手の建物は、本館の旧食堂。

旧食堂を覗いてみたいけど、閉まってます。
ランチの時間に開いているようですね。また来なきゃあ~
神秘的な雰囲気。。。
ポールラッシュ記念館、あとで行ってみようね。
小鳥のさえずりがあちらこちらで聞こえます🐦
とり博士?
一緒にバードウォッチングしたいなあ~
この建物はなあに⁈

こたえ。。。やまねミュージアム

やまねってなあに???

こたえ。。。 ヤマネとは小さくてかわいい哺乳類で、絶滅に瀕した天然記念物。

いつごろから存在しているの???

こたえ。。。ヤマネは恐竜が絶滅した後の約5000万年前から地球に存在しています。ヨーロッパ、アジア、アフリカに分布しており、日本の固有種であるニホンヤマネは約50万年前の化石が見つかっているそうです。リスやネズミと同じ齧歯類 (げっしるい) に属しますが独立したヤマネ科であります。

おまけ。。。 ヤマネは不思議の国のアリスのお茶会の場面で、どんなにいたずらされても眠っている動物として知られています。
また、小学校3年生の国語の教科書に「森のスケーターやまねの話」が載っていますので、子供たちのほうがヤマネについてよく知っています。

ウッドチップの八ヶ岳⛰
展示期間、崩れるまでだって(笑)
コテージ『横浜』全部で12個のコテージがあります。『北海道』、『九州』もありますよ。八ヶ岳の『横岳』『編笠』もありました(^-^;
富士山とせせらぎの小路に行ってみることにしました。
富士山の見える展望テラスがあるようです☺️
標高1400メートル、まだ暑さを感じず歩くことができます👣
「あ、鹿がいる🦌」と、走って立ち去るのが見ましたが、写真には写ってないです。。。
見えているのは主人です😅
木のチップの上はふかふかで気持ちいい〜❣️
木にぶつからないように気を付けて、
木道を歩いて行きます。

風と草原のテラスに到着‼️

深田久弥は、茅ケ岳(かやがたけ)の山中で脳卒中で68歳で亡くなりました。
茅ケ岳がここから見えるんだね。
しかし、何も見えません( ^ω^)・・・
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 6BC85F86-BA54-4E19-96FD-A452131DAC7C-1024x768.jpeg
何の実???

クマヤナギ(熊柳、クロウメモドキ科のつる性落葉低木)の実 です。

清泉寮ファームショップに行ってみましょう~
いまこの辺り、アンデレ教会に行ってみたいな~
牧草地の脇を下っていきます。
朝露が愛らしいのでパチリ📸
紫陽花も咲いてる❗️ と思ったら、

糊空木(ノリウツギ糊空木、アジサイ科アジサイ属の落葉低木)でした。
7.8月に咲きます。

清泉寮ファームショップに到着!

ショップに寄って、 キープ自然道をもう少し進んでみましょう〜
ショップのテラス、何も見えん(-_-;)
日中はたくさんの人たちでに賑うのでしょうね。
ジャージ牛がいたよー
こんなにたくさんいます🐂
清泉寮ファームショップから道路を渡り、牧場へ。
顔出してる。
狙いを定めてパクパク

どうしてジャージ牛の僕を選んだの???

こたえ。。。 ジャージー牛は、 標高が高く、寒冷な土地でも生きられる丈夫な品種であり、 粗食に耐え、厳しい環境に強いからなんだよ。

一頭からどのくらいの乳が出るの???

こたえ。。。12リットルです。ホルスタインは 1頭で1日あたり50リットルもの牛乳が出る ので、比べてみるとずいぶん乳の量が少ないですね。

乳の成分に何か違いがあるの?

こたえ。。。 乳牛としての生産性は決して高くないジャージー牛ですが、その牛乳の味は普通の牛乳とは一線を画すものです。とても濃いんです

どのくらい濃いの???

こたえ。。。 平均して乳脂肪分が4.8%前後もあります。(ホルスタイン牛は
乳脂肪率は約3.8%前後 )「振っているとすぐバターができちゃうくらい」だそうです。

生後何か月でお乳が出るの?

こたえ。。。24か月かかります。

清泉寮ジャージー牧場の牧草地の広さはどのくらいあるの???

こたえ。。。72ヘクタール。実に東京ドーム(4.7ヘクタール)15個分以上の広さです。

昨日のデザート、プリン、ケーキ、クッキーどれもおいしかったなあ~

私の大好きな牛乳も飲み放題(^^♪ジャージー牛さんのおかげです。

ポニーもいるね。
清泉寮自然学校ってなあに???

こたえ。。。 窓から見えるのは森と牧草地、富士山と南アルプス、そして八ヶ岳。快適で有意義な共同生活を営んでいただこうと、宿泊室とゼミ室には外の光をたくさん取り入れ明るく開放的な空間をご用意しました。そして、地域の食材にこだわった手作り料理のお食事を召し上がっていただきます。ご要望があれば自然体験や酪農体験などのプログラムを提供します。 (清泉寮ホームページより)
アンデレ教会まであと少し。。。
ここが入り口ね。
シモツケソウが咲いてる。
アンデレ教会に到着!

昭和23年(1948年)に奉献、素朴ながら荘厳な石づくりの聖堂は、川俣渓谷から運びあげられた清里開拓のシンボルです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 296EF98B-C400-4DD3-B00F-CBE6581582F0-1024x768.jpeg

お邪魔しまーす。

教会の中は畳敷き( ゚Д゚)
祭壇葉の上に窓があり、光が差し込みます。
落ち着く空間でした。
礼拝の時間には間に合いませんでしたね(>_<)

清里開拓の父とされる宣教師ポール・ラッシュ博士の遺骨が埋葬されています。

この聖鐘はアメリカ大陸横断鉄道の機関車のベルだそうです。

清里には何度も来ているのに、アンデレ教会に来たのは初めてです。

ここで育った子供たちは、どんな大人になるんだろう~
心の根っこがしっかり育ちそうです。
ホオジロかな?
清泉寮~吐竜の滝などの川俣渓谷沿いを歩く自然歩道 もあるようです。
今度来たら、渓谷沿いを歩こうね~

牧草地は立ち入り禁止、引き返しましょう~
ポールラッシュ通りを歩いて帰ります。
コスモスの咲き始め、少し視界が開けてきました。
八ヶ岳方面はまだガスの中。。。
宿に戻ってきました。
宿泊したのは、右から二番目の『フジ』の和室です。
イブキノトラノオ
帰ってきました。
清泉寮のロゴの意味は?

こたえ。。。 「X」=アンデレクロス(聖アンデレの十字架)

どうして十字架なのにXなの?

こたえ。。。 X型の十字架は、イエス・キリストの弟子(12使徒)の1人であった聖アンデレが、迫害に遭い、キリストと同じように十字架にかけられることになった際に、キリストと同じ十字架では恐れ多いからと、当時は罪人が処刑される際に用いられたX型の十字架に磔になり殉教したことに由来しています。 (清泉寮ホームページより)
清泉寮本館の正面玄関にある博士の銅像は、ポールラッシュ博士の愛した富士山の方向を向いて建っています。
歩いた道が見えてきましたね。
富士山が見えてきた(^^♪

お風呂に入って、朝ご飯を食べに行きましょう~

ベランダから、富士山を見てみよう。
頂上あたりが、見えない😨
霧が晴れて、朝見た景色と全然違うね。
本館のながーい廊下を歩いて、
石原裕次郎も来たんだね。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: D3B3D5E3-C941-4FAA-BF87-2BC8CF608397-1024x768.jpeg
外階段を通り、
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: BD9DCF53-F9BD-4928-9C42-D049BB7DDF85-1024x768.jpeg
朝食会場へ。

順番が来るまで、新館を探検。。。

平成21年に建てられた新館。
売店から階段を上がると、窓から富士山が見えました。
新しくて、きれいだけど、私は本館のほうが好き❤
富士山を眺めた窓。

少し待って、名前を呼ばれました。

高原野菜にジャージー牛乳
牧場と山を眺めながら、ゆっくりいただきました。

主人も、食事もホテルも最高だったと大満足。

新館のベランダに出てみましょう~

南アルプス方面、北岳は見えないね。。。。
奥秩父方面と富士山は見えてます。
八ヶ岳も見えてきました。
ロビーの暖炉
夏でも火が入っているんだね。
見えるのは、本館のハンター棟
ハンター棟行ってみましょう~
昔に泊まった部屋はこのあたりだったような気がするなあ…
ハンターホールがありました。
ハンターホールからの眺め。
本館のベランダが見えます。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 901AA3CA-E9C0-4F14-9F74-E71DE664BA77-1024x768.jpeg
この先にもホールがあるんだね。
アンデレ棟をのぞいてみる。

部屋に戻ってきました。

帰りの送迎車を予約して、ポールラッシュ記念館に行ってみましょう~

日本アメリカンフットボールの殿堂(でんどう)っていつ造られたの???

こたえ。。。1996年3月に日本列島のほぼ中心に位置する「アメリカンフットボールの父、ポール・ラッシュ博士」ゆかりの地である山梨県・清里に日本アメリカンフットボールの殿堂が造られました。

ポールラッシュ記念館 入ります。

日本アメリカンフットボールの殿堂とポールラッシュ邸も見学できます。

ここに記念館を設立したのは誰?

こたえ。。。KEEP協会の設立者であり、戦後の農村復興に尽力したポール・ラッシュ博士 (1897年11月25日 – 1979年12月12日) の遺志を広く紹介する場として、1996年4月に 国内とキープアメリカ後援会の募金活動によって建設され開館しました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CD46544B-7708-4D39-89FD-7F8B228ED1F2-768x1024.jpeg

ポールラッシュ邸 の柱が斜めです。アメリカの方が設計されたそうです。
玄関から中に入ります。
こちらは居間です。
八角形の部屋、大八車のシャンデリア
素朴な温かみのある灯ですね。
すべてが当時のままに残されているます。
寝室には還暦を祝う赤いチャンチャンコ
博士が大好きだった富士山がベッドから眺められます。

どうして富士山が好きだったの???

こたえ。。。『 一流を目指すには、一番のものが見えなければならない。 』

部屋の中には故郷と清里の写真が並べて飾られています。
生涯を日本の復興と清里の発展のために捧げてくれたのですね。

食堂ですが、外を通る人が良く見えるので、気が向くとこの部屋で読書をしていたそうです。

「最善を尽くせ、そして一流であれ」 っていう名言を残しています。

見学者には、飲み物が一杯ついています。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 6AF059B2-0D6B-4743-B027-B910DCDD4BF8-768x1024.jpeg
紅茶をいただきました。

清泉寮のソフトクリームを食べに行きましょう~

清泉寮の建物は、すてきだねえ~
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1FA3793E-31CC-454E-8305-C9EDEFE53DA4-1024x768.jpeg
そして、この素晴らしい景色❤

ソフトクリームはぜったいにたべなきゃね!(^^)!

いただきます❤

気温が高いので、クリームがすぐに溶けちゃいます。濃厚なクリームの味を楽しむ時間はなく、食べるのに必死でした。寒い時期にソフトクリームを食べに来なきゃあ、食レポできない(>_<)

そろそろ、ホテルに戻りましょう~本館から建物の中から新館に向かいます。

本館から新館のロビーまでは何歩歩くでしょう??? 

こたえ。。。500歩くらいでした。昨日は3往復したので、3千歩も歩いたことになりますね😳

ロビーに到着!

今日の天気は???

最高気温は28度🌞
新館のロビー‼️

清里駅まで送ってもらいました。

駅のホームで、主人が「飯盛山が見えるよ」と。。。

ホームの先に行くと、見えました!(^^)!

飯盛山🍚😁
高原列車、清里駅に入線ー

標高差388メートルを下って、小淵沢駅に向かいます。

おまけ。。。箱根湯本から強羅までの標高差は435メートルでした。ちなみに、野辺山駅から小淵沢駅の標高差は459.5メートルです。ほう〜🤔
高原列車🚃の旅もこれでおしまい。

明日から仕事頑張ろうー💪

飯盛山ハイキングと清里清泉寮〜8月10日(月)〜11(火)〜飯盛山.野辺山編〜

8/10 (月) センター南5時28分→5時36分中山5時53分→6時31分八王子6時35分→9時2分小淵沢9時19分→9時43分清里10 時→10時20分千ヶ滝10時35分→12時20分飯盛山13時→13時20分平沢山→15時20分野辺山駅→野辺山ぐるりバス(無料バス)15時40分→15時59分農畜産物直売所→野辺山17時→17時07分清里17時15分送迎車→清泉寮泊1

日野春駅にしばらく停車中🚉
中央線は山の景色を見るのが楽しいよ👀
小淵沢駅に到着‼️
小海線に乗り換えます。
八ヶ岳が見えてきた😍
林の中を抜けていく景色にうっとり😺
清里駅に到着‼️
踏切を渡って改札口へ。
標高1274メートル
JR標高比べ。清里は2番目😽

コンビニでおむすびを買って登山口に向かいます。お店の方が、近辺の地図をくれました。

看板みーつけ!
ロードを歩く。。。
ガイドブックに千ヶ滝は立ち寄った方がいいって書いてあったね、行ってみましょう〜
何かお祀りしてあるね。
祠(ほこら)がありました。
清里駅から20分くらい歩いて、 千ヶ滝 地到着!
水しぶきを浴びて、涼しい〜
滝つぼまで行けますが、滑りやすいから気を付けて~

滝を満喫して、登山口に向かいます。

飯盛山へのルートは2つあるようです。

ちょっと険しいコース
こちらは、飯盛山王道の緩やかコース
しばらくロードが続く。。。
やっと登山口に到着‼️
アヒルの背後に犬がいます。
2人は仲良しさんですが、ワンちゃんは、私たちにの方を向いて吠えまくってます。
トウモロコシ畑🌽高原に来たなあとしみじみ思う。。。
八ヶ岳に雲がかかってきました(-_-;)
牛もいる。。。
飯盛山はこちら😆
トラクター🚜

ここから、山道に入っていきます。

ヒメアカタテハ(姫赤立羽)
マツヨイグサ (待宵草、アカバナ科マツヨイグサ 属の一年草)
クサフジ (草藤ソラマメ属に属する多年草 )
チャバネセセリ
ヘビイチゴかな
東屋で水分補給〜
この花は何かな〜?

こたえ。。。ウツボグサ (空穂草、靫草、シソ科ウツボグサ属)
飯盛山の山頂が見えてきました。。。
乳茸刺(チダケサシ) (ユキノシタ科、チダケサシ属.)
マツムシソウ (松虫草マツムシソウマツムシソウ属の越年草・多年草)
尾根に出ました❗️気持ちいい〜
エーデルワイス❓
ミヤマウスユキソウ(深山薄雪草、キク科)  とも呼びますね。
ナデシコ❓
カワラナデシコ でした。
ハナニガナ❓と思ったけれど、花びらの枚数が多いので、ミヤマコウゾリナ
(深山顔剃菜、深山髪剃菜、キク科ヤナギタンポポ属の多年草)でした。
ヒナギクとカワラナデシコ
この蝶々の名前は???

こたえ。。。ジャノメ → 都市郊外から高原まで、分布 しています。

フシグロセンノウ (節黒仙翁、ナデシコ科センノウ属の多年草) 節が黒いね!(^^)!
何の花かなあ?
田村草(タムラソウ) (葉にとげがない)とヒョウモンチョウ
視界も開けてきました😁
山頂にいる人たちが見えますね。
手前の植物は、山母子(ヤマハハコ)
この花は何だったっけ❓

オンダテですね。。。。
分岐点、山頂まであと少し。。。

飯盛山山頂に到着❗️


標高1643メートル

「飯盛山:めしもりやま」名前の由来 は???

こたえ。。。 茶碗にご飯を高く盛ったような山容 から 「飯盛山 」と名前が付けられました。

右手側がしし岩方面です。
真ん中あたりちょこんととんがった山は、曲岳1642メートル
山頂が鳥のくちばしを立てたような山容をしていて、周囲からよく目立つ山として知られてます。
キンバイソウ (金梅草、キンポウゲ科キンバイソウ属に属する多年草)
富士山が見ながらおむすび をパクパク🍙
アゲハチョウだ!
360度展望が楽しめます。
何の花かなあ~?
ちょこんととんがった山はなあに???

答え。。。 金峰山 (標高2,599)  の五丈岩
ワンちゃんも登ってきたんだね。
シモツケソウ
お散歩気分~
可愛いお山でした。
分岐点で立ち止まって相談。。。
「平沢山登ってみる?」
「せっかくだから寄ってみよー」ということになる。
1653メートルの平沢山
飯盛山より10メートル高い。
景色もいいし、登って良かったね 😊

あの白い丸いものはなあに❓
野辺山宇宙電波観測所 です。
えーとこれは何の花だったかな❓

こたえ。。。猪独活(シシウド) の仲間
『宮司の滝への分岐』険しい道はここにつながっているのですね。

ハギの花❓
こたえ。。。山萩(ヤマハギ)
ツリガネソウ❓
ツリガネニンジン でした。。。
ここは、平沢峠。
日本の分水嶺なのですね。
ノコンギクと思ったけれど、花びらの枚数が違いました。
ここがしし岩🦁

岩の上に登ってみましょう~


クサレダマ (草連玉、サクラソウ科オカトラノオ属の多年草)
ススキの穂も出てきましたねえ
コオニユリ (小鬼百合、ユリ科)
しし岩に到着!
あの道路を下るのかなあ~

色んな花が咲いていて、楽しめました。

この花はなあに???
こたえ。。。オミナエシ (女郎花オミナエシオミナエシ属 の多年生植物 )
しし岩は、平沢峠にありました。

平沢峠にバスがやってきました。

乗車できるのかな?とみているうちに、発車してしまいました。

さあ~野辺山駅を目指しましょう~

三軒家跡ってなあに❓

こたえ。。。江戸時代はじめ、現在の野辺山地区の一部が開墾された。しかし、寒さが厳しかったため作物が実らず、土地は荒れていた。また、冬には人馬が凍死するような場所だったため、甲府藩主徳川家宣が貞享3年(1686)に1軒につき2人分の扶持米を与え、板橋村から2軒、平沢村から1軒を移住させ、茶屋を3軒建てさせた。茶屋は明治4年(1871)まで続けられ、その間には2度の火事があり、その度幕府により再建された。現在では3軒の井戸跡のみ残っている。
長野県の芸術・文化情報センター ホームページより

国立天文台 野辺山宇宙電波観測所入り口に到着!

白いアンテナは何だったのでしょう~?

こたえ。。。電波望遠鏡 です。

どうして白い色なの???

こたえ。。。 白いものは大半の光を反射し暖まりにくいので、電波望遠鏡の場合、アンテナが暖められるとゆがみが生じて観測にさまざまな悪い影響が出るので、白く塗られています。

キャベツ畑を見ながら歩いてると、
電波望遠鏡 が見えてきました。大きいねえ~
JR最高地点までは、ここから2キロもある。
往復4キロはもう歩けないなあ〜

野辺山駅に向かいます。

野辺山駅に到着‼️
国鉄最高地点野辺山駅1345.67メートルの石碑の前で、ソフトクリームを食べる😁

国鉄って懐かしい響き♪
ぐるり野辺山のバス停❓なんだろう〜

こたえ。。。 JR野辺山駅を発着点として、野辺山周辺の主な観光スポットを“くるりと“巡る観光バスです。 夏季限定(7月~10月)で運行をし、乗車賃は無料、乗車定員は17名です。

平沢峠で見たバスですね。。。

「なんだ~無料のバスだったんだ。暑い中、ずっと歩いて駅まで来たのに。。。残念。」

最終のバスがあと数分で発車します。

乗車して、野辺山の見どころを一回りしてみましょう~

最高地点バス停
滝沢牧場バス停
農畜産物直売所 バス停で下車しました。
おやつを買って、駅に向かいます。
ヤツレン工場見学もできるようです。

コンビニにも寄り道、17時前、野辺山駅に到着。

JR最高地点の駅に電車が入ります。

清里駅までは一駅。

車窓を楽しんでいたら、あっという間に到着!

清里駅で「駅前のシンボル」として親しまれている蒸気機関車(SL)「C56」の149号機。
お迎えの車が到着!

ホテルにチェックイン

食事は二部制、17時半からいただくことにしました。

天井の高い広いレストラン。

食事を終えて、館内探検。。。

昔はここでチェックインの手続きをしました。

ペンションブームで清里がにぎわっているときに、清泉寮に宿泊したことがあります。
ここが当時のロビーでした。

1957(昭和32)年から2009(平成21)年までの半世紀にわたり、清泉寮フロントとしてご使われていました。

開拓時の写真
暖炉の上にあるのは❓
ピノキオの本でした🤥

ランプ風の照明で癒されつつ寛いでいたら、アブが一匹入ってきたので急いで部屋に戻りました。

おやすみなさい🌙

富士屋ホテルと箱根ゴールデンルート旅行〜8月9日(土)〜10日(日)其の弐〜

8/10 (日) 泊1→朝散歩→宮ノ下→強羅→早雲山→桃源台バス→箱根湯本→町田→中山→16時センター南

早起きしてホテル内を見学します(^^♪

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 03875DDD-8E71-46A6-8965-014D1A5E0CFB-768x1024.jpeg
緑の絨毯のフォレストウィング、富士屋ホテルの中でも一番お手頃なお値段で宿泊できます。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 162FFFAA-790F-401E-A9D0-9863CCAE02A0-1024x768.jpeg
エレベーターの踊り場、タイルにも美を感じます。

ホテルのルーツが廊下にわかりやすく展示されています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 6FA67AE9-6E61-41FF-9932-D33E984F43E6-1024x768.jpeg

建築物のまとめ。。。

アイリーハーミテイジ、フォレストロッジ1884年→本館1891年→西洋館1906年→食堂棟(設計木子幸三郎)1930年→メインダイニング→フォレストウィング1960年再建→花御殿(富士屋ホテルシンボル設計山口正造)1936年→菊華荘1895年建築(きっかそう)1946年下賜かし)されました。

1884年アイリーという日本最古ホテルの遺構 (いこう) が残っていると書いてありますが、残念ながら非公開。。

別の場所にもギャラリーがあります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 873F2249-B170-4D3C-B560-4DF118E5AFD5-1024x768.jpeg
西洋館にあるギャラリー
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0518E417-04C9-49B7-A0B6-6227102E8C1E-768x1024.jpeg
西洋館廊下
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 859422EB-AA9A-4293-BF50-4EFE9F58DD59-768x1024.jpeg
西洋館の階段😊
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2810338F-8BCF-4660-8E8A-46B2EDEF9014-768x1024.jpeg
こちらのドアを開けて外に出てみましょう~
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20B21D90-C603-4CD0-81B9-D4BE75D60CAA-768x1024.jpeg
お庭(ホテルガーデン)も広い〜
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: BD61C966-AA0F-4848-ABA4-5991A688A58E-768x1024.jpeg
斜面を上がっていくと、
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: E7494829-26E6-4BAD-951C-F747CCB722C5-768x1024.jpeg
フォレストウィング
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: D66EE1A3-7319-4CA4-8DF4-43BFE5925784-1024x768.jpeg
従業員の駐車場に出ました。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2CDCACA7-5AD7-49F7-A0B8-0E61E263C474-1024x768.jpeg
火災の時に使われる送水管がありました。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7F5827E9-9883-43AF-A5CB-C92C306A7C10-1024x768.jpeg
火事にしっかりと備えてあるんですね🧯
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1468D524-BFFD-40CF-9571-810A2CC97DF5-768x1024.jpeg
これは何の実かいねえ?わからん(-_-;)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 428EFFC4-237A-4212-AE44-F6A3E136B33C-1024x768.jpeg
階段の上に何があるでしょう?

右手の道をあがっていくと、
プールがありました‼️

どうしてここにプールを作ったの❓

こたえ。。。近くを流れる蛇骨川 (じゃこつがわ)の 水を水力発電に利用しましたが、その時にできた溜池をプールにしました。関東大震災後、大規模工事が行われて欧米一流ホテル並みのプールが完成しました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 40B56924-0023-49DE-AA5D-855958E235EB-1024x768.jpeg
懐かしさ感じる文字
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: E16D2458-0431-4807-9A3F-EEB8E952FADC-768x1024.jpeg
この先に何があるのかな❓
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: EAFE9DC3-DE3F-43F7-AF3D-5AA881C7DB34-768x1024.jpeg
幸福の丘がありました💓
結婚式用ですかねえ~
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4A056609-E6D8-41FE-B5C8-2E2546770566-768x1024.jpeg
水車小屋もありますよ!

和洋折衷のお庭ですね(笑)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: BC17A8E0-EBD7-4273-B0EB-314EB734A433-1024x768.jpeg
中には入れませんが、ハウスの中に蘭の花がぎっしり。。。。
ホテルで使うのでしょうね。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 745BBA28-4C90-461A-B81A-CBF918CA9D74-1024x768.jpeg
カスケードレストランのある一番新しい建物
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 346BA8F2-46ED-4E66-904D-F4A22438A51F-768x1024.jpeg
山口仙之助像 もありました。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: E4A14626-C005-4A81-9FAE-792B3E5D3179-1024x768.jpeg
西洋館とお庭。鯉が寄ってきた!
立派な黄金の鯉、顔つきも凛々しい<゜)))彡
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 31531DFB-2C29-4EDF-A1EC-088E69741940-768x1024.jpeg
ポストの上に注目(笑)

ホテルのショップのあるあたりに行ってみましょう~

この素敵なタイル張りの場所は???

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: FC821443-B0EF-406D-8BFC-241ACEBCD595-768x1024.jpeg
こたえ。。。トイレの入り口(゚д゚)!

中を失礼しまーす。。。。

天井が高い❗️
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 61398521-9703-4764-A6A0-198D539063C1-1024x768.jpeg
こちらは、BARビクトリア
天井にも装飾が施してあります。
カウンター🍷
お酒を飲みながら、ダーツ🎯
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DA31EB1E-A5F4-4379-BB34-C59D9A13E43D-768x1024.jpeg
高級感たっぷりなバーにつながる廊下。

そろそろロビーに戻りましょう~

途中に、 富士屋ホテルギャラリー がありました。

宿泊しなくても見学できる場所です❗️
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1EE60A08-F4AB-41F8-824C-AD6F7C2CDF40-1024x768.jpeg
日本らしさをアピール

富士屋ホテルが伝えるニッポンってなあに???

こたえ。。。海外での生活を経験している歴代の経営者は、日本の風景や精神をホテルのサービスに取り入れていきました。訪れた外国のお客様は富士屋ホテルに宿泊することで、日本の文化・芸術だけでなく、自然や精神をも体験することができたのでした。

昔の宮ノ下の湯治場♨️の写真がありました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 46CD70E4-4A57-4641-89D6-CB2002743E33-1024x768.jpeg
茅葺き屋根の湯治場に、洋館が建てられたんですね(*_*;

山口仙之助は、リゾート地として発展するように、地元の自主事業で、箱根湯本から箱根の奥地まで道路を整備するなど、温泉総長として率先した改革を行なってきました。

周辺の立体地図がありました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: A918EF39-54FE-446A-BF97-3CE8E9AC4319-1024x768.jpeg
この辺りが宮ノ下ですね‼️
道路を作るのも大変だったでしょね。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 85979242-CE68-4098-98BB-E1D772D11251-1024x768.jpeg
昔のレシピノート📓

おまけ。。。昔のレシピを紹介した『富士屋ホテル伝統のレシピ』も出版されています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 18C10D04-885B-45EB-A907-1666F23A2227-1024x768.jpeg
右側の飾り皿は、昔も今も変わらないですね。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CA0D102F-1E28-42EA-A8DD-C0F5D66DB44B-768x1024.jpeg
外国のお客様向けのランチメニュー1952年
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: F655557D-3004-4022-9FB6-93642B1FC8CD-768x1024.jpeg
メニューの表紙はやっぱり富士山🗻

宮ノ下の街を散歩してみましょう~

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: F049CADC-DB95-4930-ADB4-E4F661505D77-1024x768.jpeg
正面の出口から外に出ました。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 6DEBFF0C-9A5E-460C-9623-92C744F78973-768x1024.jpeg
この花はなあに?
こたえ。。。ノウゼンカズラ
入り口の彫刻はなんだろう❓
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: C3CDE598-F30B-4057-84DC-B1A069291E28-1024x768.jpeg
こたえ。。。鶴の彫刻でした。
富士屋ホテルで、最も古い彫刻の一つ。出入り口を覆うよう配置される(本館正面玄関)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4E47EEB0-A517-4FD9-9AF7-1BB87C73084E-768x1024.jpeg
塔の上に何かいるね。何だろう❓
小鳥がとまってました🤗
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CC391F3F-B888-483A-BDFC-63CA1A967D0C-768x1024.jpeg
本館の屋根の造りも凝ってます。
手前の屋根に獅子がゴロンと横になったまま張り付いてます😁
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7D3D9087-5D9C-4EFE-BDD8-819B59DE3BEF-1024x768.jpeg
富士屋ホテルといえば、花御殿
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: EFCFC0FB-C8F7-40E8-9E59-E97C175EC2DD-1024x1024.jpeg
屋根にはライオン🦁
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 560C24DE-2B62-4C45-B5BA-529EE8797AA6-1024x768.jpeg
COMFY LOOGE西洋館一号館「カムフィ・ロッジ」の入り口
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 480CF49D-4AE1-438B-A187-29F72CAA19C4-768x1024.jpeg
RESTFUL COTTAGE西洋館二号館「レストフル・コテージ」入り口

西洋館は2棟あります。どんな建物なの❓

こたえ。。。日露戦争勝利後の好況期に建てられた客室棟です。デザインは軒が浅く、装飾が控えめで端正ですが、明治期の洋風建築の典型である天井や軒、階段の装飾、鎧戸付きの上げ下げ窓や、豪華な唐破風の玄関が存在感を放っています。比較的改造が少なく、富士屋ホテルの建築のうち最もよく創建時の姿が保存されています。(富士屋ホテルホームページより)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5657E765-078B-4E38-832D-E4689C33674E-768x1024.jpeg
マーメイド彫刻‼️

屋内プールにもありましたね😁
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 9EE72036-B8B5-40F2-8276-AD4D630961C8-768x1024.jpeg
マーメイドの後ろ姿😜
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 218A705E-ABA9-4830-877C-ADFA15BE5C4B-768x1024.jpeg
飛行機雲だ(^^♪
どこを写真に撮っても絵になるので、、いろんな角度から写真を撮りたくなります😜
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 132D0854-B884-4BED-B956-22087CB96BEC-1024x768.jpeg
ホテル入り口をあとにして、

道路を挟んだ「菊華荘」(きっかそう) に入ってみましょう~

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7514E0AA-ED5E-4684-94EA-3B3A545C09B6-1024x768.jpeg
旧御用邸の建物でしたね。

外から建物内を覗いてみました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 27A28E16-8CD8-45DB-AF78-0E0BDD74AB5B-1024x768.jpeg
和食の朝食の準備がしてあります。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 638652FC-A070-4FED-A8B4-3B413E8D9E44-768x1024.jpeg
お庭には、ピンク色の可愛い花が咲いてます、何の花かな???

こたえ。。。ムクゲ (木槿はアオイ科フヨウ属)

菊華荘」 のお庭もひと回りしてみましょう~

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 87A0A7B9-9F33-49CE-92EC-6ABC62B6F19A-1024x768.jpeg
手入れの行き届いたお庭ですね~

この建物の造りはなんていうの???

こたえ。。。数奇屋風書院造り →(茶室)風を取り入れた住宅の様式とされる、純日本建築 です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 919FA067-3474-4875-ABEB-BDADB9D9F174-1024x768.jpeg

皇室の宮ノ下御用邸として造営され、後に高松宮家別邸となりました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 784FE279-35D4-45B5-B971-FF795645E804-1024x768.jpeg
お庭から、人が並んでいる姿が見えます。何の列???

こたえ。。。 「山薬」 という自然薯専門店です。土日祝日は、朝7時から開いているようです。

宮ノ下駅方面に向かいます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1738D224-7893-40E7-AA7A-55DC8C3D805F-1024x768.jpeg
ツバメがいる!(^^)!

「きのう、山中に浮かぶひょうたんのライトアップを見たなあ~」と、ひょうたんのタイルを見て思い出しました

宮ノ下とひようたんは、何か関係があるのかな❓

こたえ。。。 1590年小田原攻めの時に豊臣秀吉が入ったと伝えられている太閤の石風呂(いわぶろ)が宮ノ下にあり、 秀吉が“ひょうたん”を. 馬印にしていたことにちなんで、8月には「太閤ひょうたん祭り」など、太閤秀吉ゆかりの行事が多く行われています 。

富士屋ホテルとひょうたんとはの関係は???

こたえ。。。「富士屋ホテル」のある場所には、もともと別の旅館がありました。1590年に豊臣秀吉が小田原攻めの際に泊まったと言われている「藤屋旅館」です。
太閤の石風呂(いわぶろ) があった宿です。明治期になって 「藤屋旅館」を 買収したのが、「富士屋ホテル」の創業者・山口仙之助(やまぐちせんのすけ)でした。

おまけ。。。

昨晩、ひょうたんのライトアップを見ながら一人でのんびり露天風呂入っていると、小学生低学年の男の子がひとりで入ってきました(゚д゚)!「毎年、家族でこのホテル泊まりにきてたんだよ。前は、お風呂は地下にあって露天風呂もなかったよ」と話し始めます。

「どこから来たの???」って聞いたら、「自由が丘、おばちゃんはどこから来たんですか?」と、「横浜だよ」って答えると、「横浜の○○学校って知ってる?」と。。。「私立の学校?、知らないなあ~」と答えると、「ふうーん、僕のママは早稲田大学卒業したんだよ」と、聞いたところでママ登場。

小学生低学年で、ママの大学のことを話すことに驚いた!

学校でもそんな会話をしているのかな(-_-;)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: EED5DA1E-7AF7-4C8D-A21F-C93D4DA47FB0-1024x1024.jpeg
宮ノ下駅方面に向かいます。

宮ノ下駅の近くに「浅間山」の看板がありましたね。 どこだったっけ。。。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4E4C49F0-2021-4348-9923-1B54A48A0038-768x1024.jpeg
坂道を登っていくと、
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 07E2CA42-4867-4D2E-B9DF-24CB2DBE23DB-1024x768.jpeg
浅間山の看板を見つけました。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 66414C4E-80EB-4DAB-951A-40B1E418F083-768x1024.jpeg
線路の脇を進んでいくと、
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2BDFDC92-7873-4671-A0CE-8A6C87F61983-1024x768.jpeg
ハイキングコースの看板がありました。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: C398D6EA-F689-433B-96AD-677C5EE940BB-768x1024.jpeg
箱根登山鉄道の浅間山踏切を渡ります。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 126237CD-E340-4B46-8A3D-F6126310F7FA-768x1024.jpeg
ここからは、本格的な山登り。。。山頂までは、1時間ぐらいかかりそうなので引き返します。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 6584093E-3F76-4237-91E8-E9D8EC78E58B-1024x768.jpeg
帰り道、熊野神社 (宮ノ下の温泉の神様を祀っている神社) にお参り。

見覚えのある建物が。。。

いつの間にホテルの敷地近くまで戻ってきてました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: C9440819-9492-42E1-8B56-3666D0B27EE6-768x1024.jpeg
ここから、お庭に入りました(^-^;

おなかも空いたので、ダイニングルームに朝ご飯を食べに行きましょう~

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5826562E-AF3B-4836-9D48-D7857E5C6487-768x1024.jpeg
奥のお席に通していただきました。

見上げてみると、天井は高くて、たくさんの花や鳥が描かれています。

天井に書かれている花はなあに???

こたえ。。。日本アルプスの高山植物が636種類です。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7D5D931C-561F-42E1-950F-FE1D9B967F8C-1024x768.jpeg
天井付近の壁の鳥はなあに???

こたえ。。。 507羽の鳥と238匹の蝶が羽ばたいていた姿が描かれています。
ほんとだ!蝶もいますね。

ダイニングルーム、天井まで何メートルあるの??

こたえ。。。6メートル。 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: D6F85910-E821-425F-A38C-0EE715538B03-768x1024.jpeg
メインダイニング鬼の柱が。。。👹

どうして鬼の柱なの❓

こたえ。。。柱の下のトーテムポールのように掘り込まれた鬼の顔は、鋭い目つきで従業員を監督している山口正造と言われています。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5B0E2208-97AC-452F-8CE1-5ABD79774579-768x1024.jpeg
飲み物は、ハーブティにしました。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: D76CAD71-B41A-4CCB-84C4-29FFE01E1BF7-1024x768.jpeg
私は、ペストリーブレックファーストフレンチトースト

フレンチトーストはどれ???

こたえ。。手前の揚げパンのようなパンが、フレンチトーストでした。富士屋ホテルのフレンチトーストは油で揚げてある珍しいフレンチトーストです。フレンチトースト オーキッド風と呼ぶそうです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: E2691874-02EC-4BC2-BD95-E284E463D093-1024x768.jpeg
主人はサラダブレックファースト

おいしかった!ごちそうさまでした。。。

ダイニングを出ると、

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1144C26D-05B4-4D24-9B55-58FD387AC486-768x1024.jpeg
蘭の花が飾られています(^^♪ビニールハウスから選りすぐりを持ってくるのかな?
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 06B78FE1-EEC3-4EBF-935C-3F6CE849D426-768x1024.jpeg
いたるところに彫刻があります。スズメの彫刻可愛いね。

西洋館内、寄り道しながら部屋に戻ります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 9CAF04AA-35AD-49C0-9FED-4DBDF40EB2D5-768x1024.jpeg
案内図
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8BF19468-89A8-4813-8483-3E60760B2F99-768x1024.jpeg
部屋に戻る途中に西洋館はあります。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: A069187E-B831-405F-B422-495F0E56F561-768x1024.jpeg
2階に上がってみる。。。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 057BD328-3C6B-40B1-83FB-20D09C9928CF-768x1024.jpeg
西洋館は、白色でまとめられて、高級感たっぷり~

フォレストウィングに戻ってきました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DB164B3E-DF58-4EF9-9FFA-AE12468B14E6-768x1024.jpeg
こちらのお部屋は?
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8EF7B87C-F28E-4162-91E0-179AC28CD8E4-1024x768.jpeg
私たちのお部屋。407号室。

チェックアウトの時間まで、まだ2時間あります。主人は、時間までゆっくりするというので、私は一人で探検の続きに出発~

こちらは花御殿、号室に花の名前がついています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8625DD75-7EB5-46F6-8333-392AE6396DB8-768x1024.jpeg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: FD635F97-EFED-4A91-8CCD-B3FA0DA457E7-768x1024.jpeg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 6E2D880E-810C-40E2-82BA-B0283A139C1E-768x1024.jpeg
電気もそれぞれの建物に合わせたデザインです。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 9B72F817-082B-4699-890B-F0647F71EA65-768x1024.jpeg
廊下は、葉っぱのグリーン色なのかな?
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: F7482C75-FDE7-4C48-9FA5-3B2C81610AAA-1024x768.jpeg
43室全てに花の名前が付けられており、
客室のドア、カギなど、細部に花のモチーフが使用されています」
『富士屋ホテル』ホームページより
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DFB80CE5-0A45-40F5-AF37-755C69A6F854-768x1024.jpeg
花御殿の階段を下りていくと、
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 55E4F7FE-6E15-4AE6-B062-6F0929E523BF-1024x768.jpeg
富士屋ホテルュージアムがあります。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 03FFBDD6-4D52-4A95-8920-2D9207AD1D03-768x1024.jpeg
明かり提灯

昔の調度品が飾られていました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7C9D2BDC-2D6F-4C44-BE7D-616D2F6126A9-768x1024.jpeg

宿泊した有名人のパネルもありました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 978670FD-CAB3-4450-88DE-7126D64FB0DB-1024x1024.jpeg
ヘレンケラーは左の方ですね。

どうやって日本に来たの???

こたえ。。。浅間丸で日本に来ていました。
浅間丸は豪華客船だったんだって‼️

チャプリンは?

こたえ。。。諏訪丸です‼️お気に入りの客船だったそうです。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1F3229B1-95FB-4D1D-BDE6-4978987EC327-768x1024.jpeg

プール近くにあるレトロな階段。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 6B034239-8509-430D-AEE3-4965571DBA3D-1024x768.jpeg
室内プール、水着持って来ればよかったなあ。
おまけ。。。ホテルの室内プールでは、日本初で、温泉です♨️
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: E82FB4FE-B871-4084-989B-B86050F882FC-768x1024.jpeg
外にあったマーメイドと同じだね。

ここは本館です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7A9D6EB1-9795-42AA-BE74-472E6DE17BE5-768x1024.jpeg
立派な欄干^ ^
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: B347927D-89BB-4E15-A429-C8605E0D3EE0-1024x768.jpeg
見事な紫陽花の彫刻
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0BFF1201-8272-4FA0-B5B8-D2FDF58DB0C6-1024x768.jpeg
下に続く階段の両側にウサギとカメの彫刻があります。
どちらが速いか、
競争かな?😁
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: D6D2A87C-542B-4C00-9819-2DA1EFD4DB88-1024x768.jpeg
ホテル内は風情があり、見どころがいっぱいあります。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0832CD55-F7DA-42EA-B0A2-05672D9EE053-768x1024.jpeg
ピカピカの廊下とステンドガラスのような電気☆彡
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: BE852A09-2AC2-4975-B602-09DB63BA9C8D-1024x1024.jpeg
この照明なあに???

こたえ。。。ステンドグラスのシーリングライトです。日本最初のステンドグラス宇野澤辰雄の流れをくむものです。
宇野澤辰雄 にはカスケードルームを作るときにも依頼しています。

宇野澤辰雄 ってどこでステンドガラスの技術を学んだの???

こたえ。。。明治19年にドイツに渡って3年間現地の工房で学び、その技術を日本に持ち帰りました。

宇野澤辰雄 の作品はどこで見れるの???

こたえ。。。国会議事堂、横浜開港記念会館、大阪中之島図書館といった大規模公共建築から、三井家別邸、渋沢栄一邸、島津公爵邸などで見ることができます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1F1A2F8E-9AD3-4572-BFC0-47CD6CCDB9B6-1024x1024.jpeg
床に映る照明。。。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1BF5A0BB-999A-4940-B488-01B30D123DA8-1024x768.jpeg
眠り猫?もあるんだって。どこにあるんだろう❓
探してみよう~
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5A6DCDEE-6BA6-4430-96DB-78129727FA80-768x1024.jpeg
入り口近くのソファー。座り心地抜群😍
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0170381E-2BB4-4EA1-ADC9-3F91F4928876-1024x768.jpeg
龍の欄干🐉
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1C081778-25AE-430F-8DAC-930356DB2A07-768x1024.jpeg
躍動感あり、リニュアル仕立てで色鮮やか(^^♪

フロントで、眠り猫?の場所を尋ねてみました。

一般には公開してない場所にあったけれど、特別に案内していただきました😜(ダイニング入り口、蘭の花が飾ってあったちょっと先にありました)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 305BD9AD-7DD2-428E-9DE6-7124D8C039E9-1024x768.jpeg
あった😍
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 16CEF189-F069-44D2-B70A-EC62985D7163-1024x768.jpeg
「犬もありますよ」と見せていただきました。

ありがとうございました😁

フェニックスルームって何だろう?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 32F09E1B-E1AF-4D92-80FD-F02D5738FAAA-1024x768.jpeg
天井にフェニックスがいました!

また、素敵なトイレに入ってみました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 54B537EC-7DA2-42DD-88E6-EB463724C09E-768x1024.jpeg
ドアノブが気になる。。。。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 820908D4-ACB7-44B8-BBFB-BEE5AB053DB3-768x1024.jpeg
入り口のノブの内側。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7249A300-54FF-44D0-A791-C460E8CC5554-768x1024.jpeg
こちらは外側。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: D030AA09-18CB-4C76-B789-CD6DF97F13F9-768x1024.jpeg
当時のまま残してあるようですね。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: BD34FCA3-157B-4710-8EA5-0587E6CA8AC4-768x1024.jpeg
お魚の廊下。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: E22B9FC5-C21B-44C5-A6CD-F7CB976A102F-768x1024.jpeg

ロビーの隣にあるティーラウンジ オーキッド
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 553A6FE0-5232-4957-AA51-4C4672E26C13-1024x768.jpeg
フォレストウィングに戻ってきました。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 9D5FB778-70A2-455C-8A2F-8ADC4F308FFD-1024x768.jpeg
ここは、ライブラリー

向かいに、

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8A6CAC84-7152-4171-9FBE-6C3947D27371-1024x768.jpeg
フリードリンクコーナー
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 16DF7BEC-4F1E-4672-B02A-92D695D80533-1024x768.jpeg
こちらはフリースペースコーナー

探検満喫して部屋に戻ってきました😊

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: AC4D3EDB-3855-4050-ACAB-199ECC103BAE-1024x768.jpeg
部屋のお風呂にも温泉が引いてありますって言われたのに、部屋で入る時間がなくて残念😢

ホテルを出発〜

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 957DF903-336F-4F25-9849-BC4F402CE882-768x1024.jpeg
ガイドブックにも掲載されている嶋写真 店。明治11年創業の老舗の写真館です。
ジョンレノン一家の写真確認しなかったのが残念☹️
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2E030CAF-952A-4F88-BAD0-EF63007A1A96-768x1024.jpeg
宮ノ下駅から強羅行きに乗車します。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: D25D521A-D2DC-4B0F-B0F8-5FEA06B25165-1024x768.jpeg
電車の中から、富士屋ホテルフォレストウィングの建物が見える‼️

登山電車復旧工事現場。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: B5218454-271F-434D-A220-D3B2932858B4-1024x768.jpeg
足組を作って登山電車の復旧工事をおこなっている場所。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 50A2DFFB-BFC9-4050-92F1-360810FF9744-1024x768.jpeg
工事はもうしばらく続きそうですね。

強羅駅に到着!

ケーブルカーに乗り換えです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 65E5BD5F-1AD6-4EE6-B1AD-EFA2BF974AAF-1024x768.jpeg
ケーブルカーが見えてきた‼️
紫陽花が残念だね😅
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: C64A5B0D-F366-466F-B53D-C08B4630E573-768x1024.jpeg
昨日と逆ルート🚟ケーブルカー入線します😏
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ED4BD383-6417-49F7-96DD-2B032544416E-1024x768.jpeg
大涌谷に向かってます😁
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: A332F420-6844-4A32-BFE1-2826BF3F79F9-768x1024.jpeg
ゴンドラ内は6人でした。。。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: A0F7B26C-989B-459A-A29B-4B7DB2B3B3CB-1024x768.jpeg
昨日より曇ってるね。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8B63ED7B-E2A4-4751-A11A-93C85350058F-1024x768.jpeg
あの池は何かな❓
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ADB25E8A-DBF2-48ED-BBBC-F274E45AFD55-768x1024.jpeg
今日も大涌谷に向かう道路は渋滞中〜
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1A34E749-D6AA-471D-8FA2-F20701D745F6-768x1024.jpeg
桃源台に到着‼️
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0FBE6298-C0CA-4F3E-9146-2705606717D8-768x1024.jpeg
富士山は今日も❌と桃源台駅に書いてありました。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3BC06728-AC00-4136-B06C-68A25ACC4782-768x1024.jpeg
宣伝🌻箱根登山鉄道全線運転再開、みんなで箱根登山鉄道に乗りましょう〜🚃
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 767D97AB-2D7F-4F21-B93D-7ECAA71068C4-768x1024.jpeg
今日も曇り空、遊覧船に乗らず、バスで箱根湯本に向かうことにしました。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 186730A3-DA21-437D-B98F-AEB6CA5BF1E0-1024x768.jpeg
ススキで有名な仙石原を通り、
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 43227677-09B1-4BC9-8182-E8DBBD71C85A-768x1024.jpeg
川沿いを下って箱根湯本へ。

箱根湯本駅に到着❗️

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: BB222C6E-03E8-4362-A499-48836AC90626-1024x768.jpeg
お昼ご飯は、駅構内の箱根パンを食べました^ ^

早めに、お家に帰りましょう🏠おしまい

富士屋ホテルと箱根ゴールデンルート〜8月9日(土)〜10日(日)其の壱~

昨晩、1年3か月ぶりに単身赴任中の主人が広島から横浜に帰ってきました。

いつも私のほうが広島に帰省したり、出かけるときは中間で待ち合わせたりしていたので、しばらく横浜には帰ってきていませんでした。

毎年恒例の山旅は、山小屋泊になるので断念した代わりに、クラッシックホテル7つめになる富士屋ホテルに主人と宿泊することに決めました。

8/9(土) センター南5時40分→5時48分中山5時53分→6時5分町田6時21分→7時14分小田原7時20分バス→8時5分箱根神社入り口→箱根神社→箱根港10時海賊船→桃源台→大涌谷→上強羅→強羅公園バス→ポーラ美術館→仙石原→強羅→箱根湯本→宮ノ下→17時20分富士屋ホテル泊1

町田駅金券ショップで2日間有効の箱根フリーパス5700円を購入。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 13E2CD09-4C1D-4F7D-8627-77BF27A36BE0-1024x768.jpeg
小田原駅から箱根登山バスに乗車。
箱根登山電車と平行して走る場所があり、大平台駅前を通過。
宮ノ下富士屋ホテルの前も通ります。

バスは、箱根駅伝コースの国道1号線を走り、箱根神社入り口に到着!

箱根神社に行ってみましょう~

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: E135A6EA-8DDC-4912-8803-E95172A86CE8-768x1024.jpeg
しばらく歩くと、大きな鳥居が見えてきました。 第二鳥居⛩です。

芦ノ湖沿いに、紫陽花を見えますね!

近くに行ってみよう~

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: BD894415-0998-432A-B428-99F9A91372D1-768x1024.jpeg
遠くだときれいに見えたのに、終わりかけていました。もう8月ですもんね(-_-;)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: A01AAA28-7C5E-4E2E-8BEA-EDA3AE7E7A8A-768x1024.jpeg
近くに咲いていた白い紫陽花は、見ごろなのにね❤

風が強くて、白波がたつ芦ノ湖。。。。あたりはガスっています。
富士山は見られんね😞

湖畔沿いに歩いていくと、

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: E806159A-EEC9-40FA-91BF-86E7BEA4B347-768x1024.jpeg
参道が見えてきました。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 75185E0B-1754-46FF-A56E-E775E93394A5-768x1024.jpeg
第三鳥居をくぐり、樹齢600~800年を超える老杉に囲まれた神聖な領域に足を踏み入れました。

参道に神社を見つけました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: B8DCC8BD-3B15-4D41-8CAB-CE84C7B47157-768x1024.jpeg
第六天神社(だいろくてんじんしゃ)って書いてあります。 何だろう???

こたえ。。。 第六天神社は、 神世七代(かみななよ)のうちの第六代、淤母陀琉神(おもだる の かみ) をお祀りする神社です。



神世七代(かみのよななよ)の意味はなんでだったっけ???

こたえ。。。日本神話で天地開闢 (てんちかいびゃく→世界の始まり) のとき生成した七代の神の総称です。


神世七代(かみのよななよ) ってなあに???

こたえ。。。
1国之常立神(くにのとこたちのかみ)→国土の土台の成立の神の神から始まります
2豊雲野神(とよぐもぬのかみ)
3宇比邇神(うひぢにのかみ)・須比智邇神(すひぢにのかみ)
4角杙神(つぬぐいのかみ)・活杙神(いくぐいのかみ)
5意富斗能地神(おおとのじのかみ)・ 大斗乃弁神(おおとのべのかみ)
6淤母陀琉神(おもだるのかみ) ・阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)
7伊邪那岐神(いざなぎのかみ)・伊邪那美神(いざなみのかみ)

境内でガァ=ガァ==とすごい音が鳴り響いています。

何の音でしょう??

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 9776A4CF-EFA6-45D8-AFB8-E2D176224047-768x1024.jpeg
機械を背中に背負い草を刈っている人がいました。
数人で手入れをされていたのですごい音がしたのですね。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 72B85925-E10D-4DEE-B8AE-2DCFFBB7F963-768x1024.jpeg
こちらが、箱根神社。巫女さんは、朝のお勤め?お掃除中~


箱根神社はいつ建てられたの???

こたえ。。。 奈良朝の初期・天平宝字元年(757年)に、箱根大神様の御神託を受け万巻上人 (まんがんしょうにん) によって創建された神社です。
御鎮座1260年の箱根神社、もともとは数多くの武将が訪れる心願成就、勝負の神として名を馳せ関東総鎮守、箱根権現と宗敬されていました。(箱根小涌園 天悠 ホームページより)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-5-768x1024.jpeg
コケをまとった狛犬さん、お目めのところのコケを取ってあげたいね(^-^;
建立年代不明の狛犬
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: EA1DCA39-0AB7-49A6-9587-03F5FB2607B8-768x1024.jpeg
境内には、九頭竜神社(くずりゅうじんじゃ)がありました。
近年、パワースポットということで、人気の神社⛩です。


九頭龍神社ってなあに???

こたえ。。。九頭龍大神を祀っています


由来は???

こたえ。。。九頭龍大神はもとは毒龍でしばしば人々を苦しめていました。その様子を見た万巻上人が調伏の祈祷を行い、毒龍は懺悔して龍神となりました。そして今では縁結び、開運隆盛、金運守護、商売繁盛の神として、人々の信仰を集めています。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 6B2CDE8D-E57F-4CC4-8A55-8194D4A15661-768x1024.jpeg

新宮の前には、9つの龍の口が据えられた龍神水舎が配置されていました。龍の口から流れているのは境内から湧き出た神水・龍神水。
「龍神水を手のひらに受け、口をすすげば、一切の不浄を洗い清める霊水」といわれています。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 455354CA-7DD7-4AF5-B1C3-9F5BAA2B1BCE-768x1024.jpeg
こちらの立派な杉はなあに???

こたえ。。。👇
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: BFD7129D-30B1-4406-AF30-D5858A2C8C34-768x1024.jpeg
安産杉

おまけ。。。以前は、 左の赤いテープの下に、
願いを込めて「左回りに7周回ると良い」と書かれていたそうです。

あのお社は何だろう???

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: A6B37081-52FE-4D79-8F91-92F4B742E42A-1024x768.jpeg

こたえ。。。曽我兄弟を祀った曽我神社 です。

どうしてここに曽我神社があるの???

こたえ。。。「曽我 物語」では、五郎時致は、箱根権現(箱根神社)の稚児の頃、父の仇工藤祐経と会うが、討ち果たすことができ ず、祐経の人形を作って調伏したと描かれています。

曽我神社は、『曽我物語』で有名な曽我十郎祐成(すけなり)、五郎時致(ときむね)兄弟の御霊をお祀り致しております。(箱根神社ホームページより)

1193年(建久4年)5月28日、曽我十郎祐成と五郎時致の兄弟は、 父河津祐通(祐泰)の仇として工藤祐経を討ち果たしたのでしたね。

箱根権現ってなあに???

こたえ。。。 「箱根権現」は、およそ2400年前の孝昭天皇(こうしょうてんのう)の時代に、聖占が箱根最高峰の神山(神が降臨する所)を遥拝できる駒ヶ岳山頂(標高1356メートル)に神仙宮を開いたことにはじまります。

駒ヶ岳山頂が箱根神社の始まりなのですね。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CC73FC75-2900-44C8-9A97-61A0310E67EB-1024x768.jpeg
明治40年(1907)生まれの江戸流れ狛犬です 。

江戸流れって???

こたえ。。。 都内を中心に、関東周辺の神社にて散見される流れるような巻き毛が特徴の狛犬のことです。そういえば、前にも調べたことがあるなあ~

芦ノ湖畔まで戻ってきました。

遊覧船乗り場に向かいましょう~

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: B018EA54-00AB-49E7-B097-A6003729B261-1024x768.jpeg
湖畔のごみ箱。キャラクターの名前は???

こたえ。。。 はこジ郎


はこジ郎のヒ・ミ・ツ!?

笠がきれいな緑色なのは、コケが生えていつも青々しているから。
着物は「小田原染」、北条氏の染工・津田藤兵衛が染めたものをはこジ郎の先祖にプレゼントしたものらしい。
実は着物がリバーシブルという話も・・・?
愛用のわらじは箱根旧街道の石畳でもすべらない、先祖代々受け継がれてきたもの。
「岩場も海岸もひとっとび!」 (箱根ジオパークホームページより)

草鞋って石畳を歩いても、すべらないんだね(^_-)-☆

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 145AFEEB-1E4D-4337-8BCD-323C541F6BD2-1024x768.jpeg
釣り人がいるようですねえ
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: D8B04119-7479-401C-A784-B0D2BCE8E990-1024x768.jpeg
長靴を履いての魚釣 😧
あらあら、足元には水が溢れてます。。。

9時10分の遊覧船に乗船しようと、元箱根港に向かいますが。。。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: C2312C08-F159-4678-9E9D-E42861FA971E-1024x768.jpeg
海賊船停泊中、始発はここではないのに何故停泊してるのかな❓

始発の便は今日はお休み😱

まだまだ時間もあるし、歩いて箱根港まで行ってみましょう〜

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 602EEDEC-794B-4DD6-8C2E-DB9C1DB3984D-1024x768.jpeg
私の両親と芦ノ湖花火大会を見に行った時に夕ご飯は買ったセブンイレブン。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2B8CAED3-86F4-4921-BCDD-0EE287B95596-1024x768.jpeg
関所に行ってみましょう〜
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 565A79BB-E73F-4C43-AAE5-B36A9E89252B-768x1024.jpeg
わあ〜綱がたくさん
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: D5742A90-0617-4A77-B713-996BAD348167-1024x768.jpeg
芦ノ湖に向かって箱根町役場箱根出張所の看板が。。。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: E05E1200-8B26-40B4-8EAA-5F55E99A159A-1024x768.jpeg
湖畔に立ってます😁
眺めが良さそう〜
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: A9B19FC6-F16D-4B31-8EA9-A02D26520426-768x1024.jpeg
あの蕾はなあに❓
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8538CCA4-6C42-4618-A208-0B12EE360F9F-768x1024.jpeg
こたえ。。。タマアジサイ. 学名, (玉紫陽花, 分類, ユキノシタ科アジサイ属 )
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: B9699BE4-485F-4F52-B391-F7BFEB435A5B-768x1024.jpeg
タマアジサイは、8月から9月ごろに咲きます、

箱根関所資料館に到着‼️

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DF06844E-E141-4270-B6FD-5D350CB7A7B7-768x1024.jpeg
箱根関所資料館の前でパチリ🤳

ガスって富士山は見えません。

晴れてたら、こんな風に見えるんだって‼️

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 255CFA81-20D7-4D4F-9D0E-E82065EA12D3-1024x768.jpeg
紅葉の時期の写真🍁

お休み処を通り過ぎて、

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: B0AD9B3F-216C-4AEE-8637-D003AD18BC87-768x1024.jpeg
スイカのお団子( ◠‿◠ )

ここは、入場券買わないと通り抜けできないのかなあ😱

どうしようと思っていたら、

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5D7243DC-E361-4C7E-9BC8-90FFF7595026-768x1024.jpeg
「通り抜けるだけなら、無料ですよ」と。。。係りの方が声をかけてくださる😊

箱根関所を通り、箱根港へ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5ACEED8C-C1D8-4474-9FF9-37F86DA749C5-768x1024.jpeg
箱根名物って書いてある。。。

「買わんてもいいん❓」と言われて、誘惑に負けて一箱購入しました🥰

遊覧船出港時間まだまだ時間があります。箱根港の周りを散策してみましょう~

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4187EE12-85B2-4B68-9790-04E8831059D0-1024x1024.jpeg
箱根駅伝ミュージアムがある。
10時開館です。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DEA2916B-C821-419F-B5E3-52514143C785-768x1024.jpeg
箱根駅伝ゴールはこの場所なんだね❣️
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-6-768x1024.jpeg
反対側は、スタートって書いてあります❣️
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 142EB0EE-EFE5-42A7-9F14-205A70C91333-1024x768.jpeg
そろそろ、出港時間が近づいてきました。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: C987B21A-2C43-40A7-A62F-365F702CE129-768x1024.jpeg
箱根港からの乗船客は少ない。。。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DF05C2B1-70F9-483A-8DDC-92508B1E2E51-768x1024.jpeg
クィーン芦ノ湖号に乗船します。

他にも遊覧船(海賊船)あるの???

こたえ。。。 海賊船は全部で三隻。ビクトリー、ロワイヤルIIがあります。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5D971F5F-9D35-4393-9A4D-151073BB8C7E-768x1024.jpeg
お船の最上階に上がってみるが、山々はガスに隠れて残念(-_-;)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 9D0E5540-3277-4804-BBAB-3B61FD208A97-1024x768.jpeg
出航しまーす‼️
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 578FF72E-D508-4782-9255-51FAB73A51CF-768x1024.jpeg
色鮮やかなスワン^ ^

チコちゃんに叱られる情報~

昭和56年に白鳥の足漕ぎボート「スワンボート」が誕生。
しかし、スワンボートは売れなかった。
理由はわからないが、しっぽをつけたところで一気に売れ渡り、日本中に広がった。ちなみに、現在でもスワンボートは手作りだ作成されていると紹介 されていました。

小腹が空いてきましたので。。。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7E673060-5721-4C71-98BB-320E048BD3DB-768x1024.jpeg
雲助だんご頂きましょう〜🍡
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2831E003-7FEA-496F-ADD6-1F0C868050C0-768x1024.jpeg
美味しい~😆
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 9A2A3A6F-E78B-4829-98C7-0F0B48A8FBE1-1024x768.jpeg
元箱根港が見えてきた。さっき歩いていたあたりがみえます(^_-)-☆
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: A6D64F80-09DF-4134-87A0-388DBDAAA55D-1024x768.jpeg
元箱根港にたくさんの人たちが並んでいます。。。船内が賑やかになりそう~
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: D6B6A5EB-3F86-47A2-85B2-1D48CE08C364-768x1024.jpeg
「平和の鳥居」 あそこまで行けなかったのは残念。。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 09B3CF10-55A1-481F-A6F8-F69E506EC1F3-1024x768.jpeg
水陸両用バスだ🚌
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1EA8993A-05FE-4DA9-88BA-3B8A93CF8DCD-768x1024.jpeg
見えてきたのは、プリンスホテル龍宮殿。
宇治の平等院をモデルにしたらしい。。。
ホテルの中を探検してみたいなあ~
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7260948A-77D8-48F9-9982-CB42D4252297-1024x768.jpeg
ガスはまだまだ晴れません😕
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8C3D8FFB-071F-4B56-81E7-0D2422295100-768x1024.jpeg
桃源台港が見えてきました😊
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 535F2A6A-5302-4334-A721-E44377E08AEB-768x1024.jpeg
桃源台港に到着!

ここから正面の建物に入り階段を上ると、ロープウェイ乗り場の桃源台!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 6E7D53EE-7DBC-4956-A7CF-E6253958F15D-1024x768.jpeg
標高741メートルあるんだね。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: EC279802-57F6-49A7-BE2B-0D73EDEBAFCE-1024x768.jpeg
クィーン芦ノ湖 が見えています。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3BBEF2F9-6851-4FCE-BC70-1C731723E968-1024x768.jpeg
ロープウェイはソーシャルディスタンスをとって18人定員5人乗車で運行中〜
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 83CB42F5-CF2B-4CEA-B11F-1EA8A41A576C-1024x768.jpeg
姥子で降りてみようか?とも思ったけれど、
姥子からロープウェイを待っている人の列を見てやめました。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 114AA8FB-36CB-43F3-BD39-4F7BE7FDEA3B-768x1024.jpeg
大涌谷に向かう道路は渋滞しています。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 320DFAF1-996F-4DAF-85DE-859C0EE4A53D-1024x768.jpeg
大涌谷に到着!
黒玉子は、食べなきゃあね~
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CE748A6D-94EC-48B8-B433-CE058E3F2DFF-1024x768.jpeg
硫黄ガスで草木も育たないのね☹️

大涌谷ってどんな場所なの???

こたえ。。。約3000年前の箱根火山爆発によってできた爆裂火口の跡と言われています。箱根火山にある噴気地帯の中では最も大きく、その景観から「地獄谷」「大地獄」と呼ばれていた歴史を持ちます。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 03F7B1C5-617D-497F-88A6-8149A2197AE0-1024x768.jpeg
噴煙地への遊歩道は閉鎖中。
大涌谷園地が、火山活動の活性化によって立ち入り禁止となったのは2019年5月のことです。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5F2C865F-404C-41C2-AC5D-62BB281C4171-1024x768.jpeg
看板のそばに、延命地蔵尊のお堂がありました。

どうしてこんな場所にお堂があるの???

こたえ。。。 この地蔵尊は、昔弘法大師が大湧谷の地獄のような風景に心を痛め、地蔵菩薩をつくり祈願したのがはじまりと言われており、「延命子育ての地蔵」とも言われ、世に知られているそうです。

黒玉子を買いに行きましょう~

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 791ED734-17AC-41A4-80B8-A27869A0281F-768x1024.jpeg
黒たまご、やっと買えました🥚

5個も食べれないと思ったけれど、主人3個、私2個、完食😋

黒玉子ってどうやって作るの???

こたえ。。。 約80度の温泉池で60分ほどじっくりと玉子を茹でます。 生を温泉池でゆでると、気孔の多い殻に鉄分(温泉池の成分)が付着します。 これに硫化水素が反応して硫化鉄(黒色)となり、黒い殻のゆで玉子ができあがります。 この黒くなったを蒸し釜に移動します。 (大涌谷くろたまご館ホームページより)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: A2F8BBE0-D493-4DB6-8B42-A479DD673615-1024x768.jpeg
貸し切りのゴンドラに乗って、早雲山ケーブルカー乗り場に向かいます。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: BDF1E550-FC86-4022-A347-B0A26D6F91D6-1024x768.jpeg
向こうに大涌谷駅が見えます。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5ED0E8CB-F8A2-45A4-8675-8603B45979D7-1024x768.jpeg
箱根の町が見えてきました。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3F616902-0C0C-40E6-971A-8A61ECE66667-768x1024.jpeg
早雲山レストハウス内のおしゃれなポスト📮
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: B1D2B0F0-D42E-40CB-8F66-300CA262988B-768x1024.jpeg
お店で買ったものしかポストに投函できません。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 6F6EC820-B2B0-4585-A492-5B95B97AB03F-768x1024.jpeg
昔、摩周湖の空気の缶詰を買って自分宛に送ったことを何故だか思い出しました。

展望テラスが設けられ、足湯もありました。大勢の人がいたので回避。

早雲山ケーブルカー乗り場に到着‼️

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: A980220A-9A32-4B6D-A584-8102DA9F95D6-1024x768.jpeg
どこまで乗ろうかねー
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7B198A5B-660E-4DB3-AF93-7C6B4A2F5554-1024x1024.jpeg
公園上で降りて、強羅公園に行ってみることにしました。

標高611メートル

強羅公園入りがに到着‼️

箱根フリーパスを持っているので、無料で見学できます😘

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: A87152DC-C3E6-4237-8CC2-7C4B92A4900A-768x1024.jpeg
主人は、「強羅公園に入るのは初めてじゃあ、こんな所があるんじゃね。」と。。。

「初めてじやったっけ❓❓」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4799FB33-E3CC-41F8-A4E3-F9E14C68FE12-768x1024.jpeg
強羅公園のシンボル、ヒマラヤスギ🌲
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 99060D36-6085-40E3-A1A8-0BCCE8D85F00-768x1024.jpeg
バラが咲いてる🌹
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: C4ABE4EA-298D-460C-BE7B-7B3C4D6411D6-768x1024.jpeg
大噴水⛲️

温室がある、入ってみよう〜

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 250769A2-8039-40CC-93B6-B1E9CCCDEEC6-768x1024.jpeg
可愛いパイナップル🍍
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 11756118-BBE9-4AC2-B807-66B172B2E3C4-1024x768.jpeg
コエビソウ(キツネノマゴ科)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: A03A7E8F-2B78-49BD-B125-E19CFCACA937-1024x768.jpeg
温室内強羅公園の標高は、590メートル❗️

おまけ。。。

強羅公園は傾斜地造られており、 正門と西門とでは約40メートルの標高差があります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-7-1024x768.jpeg
強羅駅に到着‼️
標高541メートル

暑くなってきたので、涼しい場所に行こうということになり、駅前からバスに乗ってポーラ美術館に行ってみることにしました😊

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 45CB7ABE-9EF4-4B38-81CF-3B231EC68288-768x1024.jpeg
すぐにバスが来たよ🚍
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-8-1024x768.jpeg
ポーラ美術館に到着‼️

『モネとマティス、もうひとつの楽園展』鑑賞

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: BD174611-B761-4CE0-86D4-33731C407836-768x1024.jpeg
クロードモネ (Claude Monet, 1840年11月14日 – 1926年12月5日)
印象派を代表するフランスの画家。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: AFCF4F37-9928-4876-9444-A0B567EDD140-1024x768.jpeg
アンリマティス(Matisse, Henri 1869-1954)
フォヴィスト(野獣派)の画家として出発した。

どちらもフランスの同じ時代を生きた画家ですね。

途中でお腹が空きすぎて、集中力がなくなる。館内のレストランは、お高めなので、入るのはやめようと言っていたのに、入ってしまいました。

今晩の夕食が豪華なので、お昼は🍙にしようと言っていたのに 。。。我慢できなくてごめんなさい(-_-;)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 16BD1D95-36DB-4D89-9616-953A7A49D743-1024x768.jpeg
カレーライスも
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CD897E60-D6FD-48B3-B273-0B5BDFCCCA90-1024x768.jpeg
ハンバーグもどちらも美味しかったー🥰

お昼ご飯を食べたら、元気が出てきました!(^^)!

ポーラ美術館のもう一つの楽しみが、レオナールフジタの絵画。

鑑賞できて大満足😊

美術館の周りは、森の散歩道があります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5C648DB8-B1E3-4017-8DE1-9BAFDB7C885F-768x1024.jpeg
木道が整備されていて歩きやすい❗️
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5A10C5D4-3DBF-41E4-8AEE-F8F2CB6D4012-1024x768.jpeg
こんなにいろんな鳥も生息しています🐦
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: E39A1D2B-39D2-49B2-9935-F441026494CF-768x1024.jpeg
チョウチョが止まってるね🐶

ポーラ美術館から仙石原経由して、強羅駅から箱根登山電車に乗りました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: FD088AA0-272B-4C2B-A4A6-ED4071A26164-1024x768.jpeg
バスの車窓から茶色のローソンが見えました😀

箱根登山電車にて、箱根湯本に向かいます^ ^

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7913D1A9-69A0-4886-A4F0-8BA38FA59CE3-1024x768.jpeg
クーラーが効いて涼しい〜
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 23934B64-C32F-49D9-A8B1-31722A2D4D8A-1024x768.jpeg
2019年10月の令和元年東日本台風(以下、台風19号)の直撃により、箱根湯本―強羅間の運休が続いていた箱根登山鉄道。

箱根登山鉄道は、 予定よりも3カ月程度前倒しで、7月23日の始発より通常ダイヤで運転が再開されたそうです。

どうして予定より早く再開できたの???

こたえ。。。 岩石の除去作業は、基本的に鉄道敷地内は箱根登山鉄道、敷地外は神奈川県が担当し、運転再開にこぎつけました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2F5F25D6-2F65-4051-B591-520CE2F38837-1024x768.jpeg
主人は、箱根登山鉄道に乗るのは初めてです😍
休日のお出かけは、バイクだったもんね。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5B8A3DC1-D9AC-43A1-896B-BED76B5FFF96-768x1024.jpeg
箱根湯本駅で、1002系から108系の電車に乗り換えて、宮ノ下駅まで戻ります。

箱根湯本の標高は???

こたえ。。。標高96メートルです。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: FDC15D17-C286-40DE-ADF6-7577D455E2C5-1024x768.jpeg
どうして車両の色が同じじゃないの???
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 6CFB48BB-4F0C-44E4-A3A3-9A170AE6582A-768x1024.jpeg

こたえ。。。緑色の電車は、 109系だからです。

ホテルに向かいましょう~(^^♪

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ACA8F85B-5A9F-4F86-81A5-2A6FBAC17922-1024x768.jpeg
緑の橋は、なんていう橋❓

こたえ。。。早川橋梁です。現存する日本最古の鉄道橋として、「出山の鉄橋」とも呼ばれています。

高さはどのくらいあるの❓

こたえ。。。43メートルです。

いつできたの???

こたえ。。。大正6年5月31日に竣工 (しゅんこう)。
国の登録有形文化財に、さらには近代化産業遺産(「外貨獲得と近代日本の国際化に貢献した観光産業草創期の歩みを物語る近代化産業遺産群」)にも認定されています。

おまけ。。。峡谷の早川をまたぎ、川床から高さ43メートルの足場を組み上げて、大変な労力を要し 早川橋梁(きょうりょう)の建設しました。
大正12年9月1日の関東大震災にも耐え ました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 24135C9F-AD46-4A21-A4B6-18B04E94B6AA-1024x768.jpeg
スイッチバックの場所です❗️
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 48AF113A-8B47-43A5-AB76-D03923A079C3-1024x768.jpeg
強羅駅までの間に信号機は3つあります。

箱根湯本に向かう途中に上大平台信号機がありましたね。

あと一つはどこ?

こたえ。。。仙人台信号機です。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 37A6F376-4AB8-4BC6-BF85-AECE559D9283-1024x768.jpeg
クーラーはないので、窓を開けて走ります。
宮ノ下駅にもうすぐ着くよー
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0C5E4874-DB03-43DB-9621-AD8EE872020C-768x1024.jpeg
宮ノ下駅に到着❗️
標高436メートル

改札口を出て、坂を下っていくと、

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2EADD0CE-DAB8-4460-BCDC-9E3AD737AAE0-1024x768.jpeg
ホテルの看板がありました。あと5分

憧れのホテルに宿泊できる、わくわく❤

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: B00C0D6F-C7F7-481B-ADF4-C7BD4D497E66-768x1024.jpeg
見えてきた🤩
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 77538898-F2B9-4785-A1E9-A14D22F2FD7F-1024x768.jpeg
チェックインして部屋の中へ。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: E09FD280-061B-4EE1-80A5-57AF696EF5DD-1024x768.jpeg
広いなあ〜
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7F127667-4896-40B2-9D06-8FDC1F295A29-768x1024.jpeg
革靴の形が崩れないように木型の靴形がある。初めて見た(゚д゚)!
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4243D873-3FA7-4068-9446-625D884329BA-1024x768.jpeg
緑の向こうに、箱根登山電車が走ります。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3A7CEE16-A20E-4DB1-8BAD-C3371675D874-1024x768.jpeg
飲み物の種類がたくさんがあります😀ライブラリーの前にドリンクバーもあるそうです。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 6826CD13-4C23-4942-B42D-B29528BF8437-768x1024.jpeg
この木箱の中にテレビのリモコンが入っています。

嬉しくって、部屋の中を見ていたら、すぐに晩ご飯の時間になりました。

夕食会場のカスケードに到着❣️

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: C18A68E1-7771-437E-BC29-30DC0E03C0BC-768x1024.jpeg
素敵なワイングラス🍷
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 14AAADD0-146B-4378-B5E9-F70FBB130B14-768x1024.jpeg
今日のメニュー

飾り皿は、富士山と富士屋ホテルが描かれていました。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: BE359722-A9E4-421B-9124-0A0BC1B0B02E-768x1024.jpeg
フォークにも富士山マーク
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2898937D-1DE3-4519-8932-09FCE7E1D0D8-768x1024.jpeg
まん丸のバター
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ECB3A589-9AA4-452C-882E-13DA4C8B8F1F-768x1024.jpeg
主人一押しのカニクリームコロッケ🦀
蟹の身がたっぷり入っていました🥰
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 02FF212F-D6FF-4DDF-99AE-CD3C38DAA3CF-768x1024.jpeg
ピーチメルバのデザート

どんなデザートなの❓

こたえ。。。ピーチ・メルバとは、1892年か1893年か1894年に、ロンドンのサヴォイ・ホテル
「ロンドンで最も有名なホテル」 の料理長だったオーギュスト・エスコフィエによって考案されたデザート。フランス語で言うとペーシュ・メルバ。 バニラ・アイスクリームの下地にバニラ・シロップ漬けの桃を乗せ、ラズベリー・ソース、アーモンドのスライスを掛けたデザートです。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: A3B3456C-2BC0-469F-B34E-7CAC3D29E0DB-1024x1024.jpeg
富士屋ホテルのマーク


「カスケードルーム」 はいつ造られたの???

こたえ。。。建物は新しく建てられました。大正9年竣工「カスケードルーム」の内装を復原し、ステンドグラスや彫刻は竣工当時のものをそのまま利用されています。

食後にロビーで休憩~

主人がソファで寛いでいるが、私はロビー内を探検。。。。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2D74761E-2630-443F-979B-7AE135A4CEB2-768x1024.jpeg
鶴と亀のタイル
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8493916D-B49A-4F4A-99CC-9A158E3DDE9C-1024x768.jpeg
リニュアルオープンしたばかりで、どこもピカピカ☆彡

リニュアルオープン以前の建物も見たかったなあ~

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0AE26F0C-8485-4B2D-9F4B-FC1400C1387B-768x1024.jpeg
階下に回転扉が見えますね。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ECB76171-7375-4485-9499-AD21C7C2D918-768x1024.jpeg
柱の欄干に猿と蛇、どういう意味があるの???

こたえ。。。階段の欄干の左手を鬼門に見立て、猿が悪しき蛇からホテルを守る様子が描かれています。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 828E3D72-AEDA-4D19-9E80-8276D5B181EC-768x1024.jpeg
これはなあに❓

こたえ。。。スピーカー、ここから音楽が流れていました。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: AEB38E4C-A847-45AB-890D-E413E2671A36-768x1024.jpeg
こちらのタイルには、泳いでいる鯉の模様。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DA377762-937F-4A67-89FF-CF33FFE30E9A-768x1024.jpeg
羽衣の解説
「羽衣は日本民衆の間に伝えられた口承文学の一つで、また謡曲『羽衣』としても語られている。この伝承を元に洋式なものを導して天女に翼をつけた三人のエンジェルを配し、また彼方にはにほんと富士屋ホテルのシンボルである富士をのぞかせて独特の『羽衣』を構成している」
小倉右一郎(おぐらゆういちろう)明治14(1881)年6月9日~昭和37(1962)年7月15日  作

創業者である山口仙之助は、外国人が宿泊するホテルを目指し、建物は和洋折衷の木造建築としました。設備や調度品にも和と洋を融合させた独特の意匠を取り入れたこだわりが伝わってきます。

部屋に戻ってきました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 37E0E622-D0E1-4C0B-8A53-A6268DB25789-1024x768.jpeg

温泉♨にのんびり~つかりました。

部屋に戻り、しばらくすると睡魔が襲ってきて、

まだこんな時間なのに。。。このまま眠ってしまいました。

今日は、22244歩、歩きました。

おやすみなさーい😪

神田川沿い〜千代田区から中野区サイクリング🚴‍♀️〜2020年7月31日〜

雨がパラパラ降ってますが、このあと晴れてくる予報☀️

神田川沿い、上流に向かってみましょう〜

高井戸まで行けるかなあ❓

千代田区から文京区に入ります。
ここは、印刷博物博物館のあるトッパンビル🏙

見学できるの???

こたえ。。。 10月上旬から中旬にリニュアルオープン予定です。
高速道路と神田川は並行して走ってます。

見える橋が中の橋。

昔の中の橋!

中之橋の由来は???

こたえ。。。下流側の隆慶橋(りゅうけいばし)と上流側の石切橋(いしきりばし)あることになり「 中之橋 」と名がつけられました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 20D3443D-52FE-4F5F-83D9-92E6DE83CF9C-1024x768.jpeg です
この橋は、石切橋。

いつ造られたの???

こたえ。。江戸時代初期、寛文年間(かんぶんねんかん)1661~73年木橋でかけられました。

おまけ。。。昭和40年くらいまで神田川は江戸川と呼ばれていました。この橋も、元は「江戸川大橋」と呼ばれていたそうです。

橋のたもとに見える「浅野屋」ってなあに???

こたえ。。。 創業昭和37年と長い歴史を持つお蕎麦屋さん で、 「あなご天せいろ」 がおススメだそうです。

見えるのは、石切橋

橋のたもとにもう一つの名店 、うなぎ屋「はし本」があります。
天保六年(1835年)に創業して以来、同じ場所、同じ味で暖簾(のれん)を掲げ続けて参りました。と、ホームページに書いてありました。行ってみたいなあ~
神田川沿いは桜がたくさん植えられています。桜の時期に、川沿いを走ってみたいですね~
ここは、西江戸川橋。
神田川はくねくねと曲がって流れています。
ここは、一休橋
関口橋という橋が一休橋と 通称(つうしょう) されていました。

どうして???

こたえ。。。橋畔に「一休名残蕎麦」の名物があり、それを起源としています。
ここは、 西洋風の山小屋を模した時計搭のある四阿(あづまや)

なんていう公園なの???

こたえ。。。江戸川公園。
地下鉄有楽町線「江戸川橋」駅徒歩3分 の場所にあります。
ここにも時間貸しのレンタサイクルがあるよ。→コミュニティサイクル一日1500円

好きなところで借りて返せるって便利だね。
この橋は、大滝橋。名前の由来は???

こたえ。。。 橋の名前はこの堰(せき)から水が落ちる様子にちなんでおり、往時は江戸の名所の1つとして知られていたようです。

進んでいくと、

関口芭蕉庵に到着しました。

ここはどんな場所なの???

こたえ。。。 俳人松尾芭蕉(1644~ 1694)が、2度目の江戸入りの後、1677年から3年間この地に住んだ場所です。
肥後細川庭園に寄ってみましょう~

途中に水神社(すいじんじゃ)がある。何をお祀りしているんでしょうね。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は EBF0FBAD-CF11-4828-A4D8-23F75292AC51-768x1024.jpeg です
階段を上っていくと、
水神神社⛩のお社がありました。

水神社の由来は???


こたえ。。。創建の年代は明かでない。
『江戸砂子』に、「上水開けてより関口水門の守護神なり。」とある。

わが国最古の神田上水は、徳川家康の命により、大久保主水が開いた。井頭池からの流れを、目白台下の現大滝橋のあたりに、堰(大洗堰)を築き、水位をあげて上水を神田、日本橋方面に通じた。
伝えによれば、水神が八幡宮社司の夢枕に立ち、「我水伯(水神)なり、我をこの地に祀らば堰の守護神となり、村民を始め江戸町ことごとく安泰なり」と告げたのでここに水神を祭ったという。

上水の恩恵にあずかった神田、日本橋方面の人たちの参詣が多かったといわれる。また、このあたりは田園地帯で、清らかな神田上水が流れ、前には早稲田田んぼが広がり、後には目白台の椿山を控え、西には富士の姿も美しく眺められて、江戸時代は行楽の地であった。(文京区教育委員会掲示より)

三猿の下に鳥の彫り物が。。。庚申塚なのかな?

庚申塚でした。。。どうして三猿の彫刻があるの???

こたえ。。。 庚申の夜は「申の日」から始まり、 「酉の日」に及ぶので酉と猿が庚申に結び付いたと言われています。酉は鶏で時を告げる神聖な鳥です。
三猿は「見ざる、聞かざる、言わざる」のたとえであり、三猿を三尸虫になぞえ目、耳、口をふさいで悪事を天帝に告げないものだからです。

神社でお爺ちゃんと小さな男の子に会いました。

お爺じいちゃん、孫をベビーカーに乗せ、’’孫がお参りにいくっていうもんで、と’’満願の笑み!(^^)!

肥後細川庭園に到着!

目白台の丘には椿山荘があります。
これはなあに❓

こたえ。。。ししおどし、前に来たときにも見たね。
イノシシやシカを追い払うために造られました。
ツユクサが元気に咲いていました。
「 松聲閣(しょうせいかく 」ここで、お茶を頂こう~

番号札1番を受け取り、お茶室に案内していただきます。

ここから眺めるお庭もいいねえ

この場所は、お茶室ではなく、細川家学問所 だったそうです。

花手箱ってなあに❓

こたえ。。。 熊本県人吉市で生産される木製の化粧箱です。
黒い縁取りに、椿や菊の花の模様が描かれているのが特徴です。

人吉に落ち延びた平家の落ち武者達が、潜伏しながら生活を維持する為に作ったのが始まりと言われています。

どうしてツバキの花の箱が飾ってあるんだろう???

こたえ。。。 肥後細川庭園のある目白台・関口の地域一帯は、かつて“椿山(つばきやま)”と呼ばれた景勝地だったからですね。椿山荘(ちんざんそう)という名前にも納得!

お茶がきました。お菓子 「加勢以多(かせいた)」 と建物の説明をしてくれます。

江戸時代には幕府への献上品ともなった細川家秘伝の伝統銘菓を復元した、とっておきのお菓子です。 包装紙の紋は、 細川家の家紋の九曜紋(くようもん) です。

九曜紋ってなあに???

こたえ。。。九曜紋は星紋の一つです。真ん中の大きい星が太陽、回りの八つの星は太陽系を巡る惑星をかたどっています。

どんなお菓子なの???

こたえ。。。 もち粉で作ったおぼろ種でカリンのジャムが挟んであります。

建物は、いつリニューアルしたの???

こたえ。。。平成28年リニューアルしました。しかし、窓そのままだそうです。

二階の窓は、鍵が壊れてさわれなくて、そのままになっている場所があるそうです。二階に上がってみてくださいねと❤(^_-)-☆

熊本にしか売っていないお菓子
床の間に飾ってある植物は、ガマでした。
3つの施設を巡るイベントもあるんですね(^^♪
二階からの眺め。。。ししおどしも見えますね。
あ、あそこの窓が開いたままだ!
修理できない窓ですね~(^_-)-☆

「 松聲閣 」入り口にあった立つんだ熊本ジヨー 】😁
くまモンもいます😍

裏道を通って川沿いへ。

こんな場所に電信柱❓→ここは通り抜けできず、引き返しました😞
ここは、通行止め😞

中ノ橋(なかのはし) って昔からあった橋なの???

こたえ。。。 江戸時代から唯一存在していた簡素な木橋だった そうです。
名前も「之」抜きで「中橋」(なかはし、なかばし)と呼ばれていました。

おまけ。。。黒澤明の自叙伝『蝦蟇の油』(ガマの油)によると、
故・黒澤明は少年期、通学や剣道場への往復によくこの橋を渡っていたようです。

新宿区に入りました。

あの建物はなあに❓
ここは、見学もできる染色工場と博物館ですが、お休みですね😅

豊島区に入りました。

右側は工場のフェンス。お花畑で癒されるね。山吹の花のようですね。
山吹の里って❓

こたえ。。。室町時代に活躍した武将・太田道灌(おおた どうかん)の逸話を伝える「山吹の里の碑」です。

どんな逸話なの?

こたえ。。。太田道灌が鷹狩りに出かけた際、突然のにわか雨に遭い、近くの農家で蓑を借りようとしたところ、応対した少女は一輪の山吹の花を差し出しました。この意味がわからずに道灌は怒ってしまったそう。この出来事を家臣に話したところ、後拾遺和歌集に収められている「七重八重 花は咲けども 山吹の 実の一つだに なきぞ悲しき」の歌にかけて、『蓑(みの)ひとつ持ち合わせがない』ことを伝えようとしたことがわかり、歌を知らなかったことを恥じた道灌は、以後和歌の勉強に勤しみ、結果として歌人としても知られるようになったと云われています。

太田道灌って、江戸城を築城した人でしたね!

あらん、ここも行き止まり。。。

見えていた橋は、

高戸橋(たかとばし)
すぐそばに都電荒川線が走ってます。
近くに高田分水路がありますね。
ここが、高田馬場分水路です。
ここはなんの橋❓

こたえ。。。源水橋(げんすいばし)
どうして水車小屋の模様なの❓

こたえ。。。明治時代には実際にこの橋の辺りに水車とそれを動力として使う工場があったようです。

おまけ。。。有名な「神田川」の中に出てくる3畳一間のアパートはこの界隈にあったそうです。

なんじゃ、このビルは❓

こたえ。。。セレス高田馬場サンタアンジェリの式場 でした。
イタリアの教会をもとに建てられたゴシック調のチャペルです。
高田馬場駅に到着‼️
高田馬場の駅から、さかえ通りを抜けて、神田川のほとりに出てきました。
東京富士大学のそばを通り、宮田橋を渡ります。
向こうに見えるのは、落合橋。
新宿区の川沿いは、’’いきいきウォーク新宿’’と呼ばれています。
5.4キロのコースです。
新堀橋渡ってみました。ちょっといい雰囲気❤
神田上水公園入口。タイルの道は、歩行者しか通れません。
こんな道がしばらく続いています。
神田川は全長、22.46キロメートル
万亀橋 (まんきはし)
電車がやってきた‼️ 中央線だね~
末広橋を通り過ぎます。
ところどころにリスのモニュメントがあります🐿高井戸まで歩いたときにもありましたね。
伏見橋、魚の頭のモニュメントは何じゃろう???
とられんように鎖がついてる。
高いビルがあるのは新宿かな?
淀橋 (よどばし) に到着!

もしかして、ヨドバシカメラの淀橋???

淀橋は神田上水に架けられた最も古い橋と言われています。

幹線道路のひとつ「青梅街道」が通る橋だということもあってか、橋の見た目は立派ですね。

「淀橋」 は誰が名付けたの???

こたえ。。。江戸時代の三大将軍徳川家光が名づけたといわれています。

どうして 「淀橋」と名付けたの???

こたえ。。。 三代将軍・家光が鷹狩を行った際、周辺の景色が山城(京都)の淀という場所を思い出させるので地名を淀橋とするよう命じたといわれています。 川の流れが緩やかでよどんで見られたので淀橋と名づけた という説もあります。

まだまだ続く神田川
このあたりから、川の石垣に変化あり。。。
どうやら、中野区に入ったよう。

ハゼラン( ハゼランハゼラン属)道端に咲いていました。
中野区のゴミ焼却場

こんなところに二宮金次郎が。。。。

「二宮金次郎さんの頭を三回なでて学力向上祈願」と書かれています。
二宮金次郎像は、八津御嶽 (やつみたけ) 神社⛩の一角にありました。→ 800年の歴史を持つ山梨県南部町の「八津御嶽神社」 の東京分社です。
皐月橋さつきばし)
東郷の宮って??? 

こたえ。。。 東郷神社は、我が国の興廃をかけた日本海海戦において、ロシアのバルチック艦隊を対馬沖で撃滅した聯合艦隊の司令長官・東郷平八郎元帥を御祭神としています。
(東郷会ホームページより)

伊東に伊東東郷記念館 がありましたね。神社もあるんだ(゚д゚)!

他にも東郷神社はあるの???

こたえ。。。 東郷神社 ( 渋谷区) – 東京都渋谷区にある東郷神社東郷神社 (福津市) – 福岡県福津市にある東郷神社; 秩父御嶽神社 – 埼玉県飯能市にある神社 などがあります。

高井戸まではまだ距離がありそう~
今日はこのあたりで引き返しましょう~
中野新橋(なかのしんばし) 赤くて目立つ橋。ここまで来たとよい目印になりそうです。

住宅地を通ってみよう~

あれはなんだろう❓
シャンシャンの写真がいっぱい🤗
看板のサン工房って書いてあります。

道路向かいに、立派な神社が見えてきました。

氷川神社って書いてあります。氷川神社って、都内の中にも、いくつもあるんですね。

神田川沿いに戻ります。

面影橋に到着!
だいぶ戻ってきました!
里程標(石碑)は500mごとに埋められているらしいのですが、そんなにあったっけ?
歌舞伎の柄の路面電車だ🚃
早稲田のリーガロイヤルホテル

お昼ご飯、何か買って帰ろう。

何かないかなあ〜と思っていたら、美味しそうなパン屋さんを見つけました😺

こんなに立派な店構えなのに、本店は椿山荘の近くにあるそうです。

こちらは、 パティスリーダノワーズと呼びます。どんな商品が並ぶの???

こたえ。。。 パティスリーダノワーズは、 フランス語でデニッシュペストリーのことです。パティスリーダノワーズ店では、その名からもわかるようにとりわけデニッシュペストリー類の品揃えが豊富です。

本店は???

こたえ。。。 目白坂本店は都心に近い住宅地、目白台にあるお店です。お店でご購入いただいたパンなどはもとより、店内メニューとしてアメリカンクラブハウスサンドやローストビーフサンドなど豊富なサンドイッチメニューをご用意しております。新緑の季節には戸外のテラス席が魅力の本店です。

(関口フランスパンホームページより)

在宅勤務中の息子と一緒にお昼ご飯を食べました。

自転車を貸してくれてありがとう~電車が混む前に帰りましょう~‼️

おしまい。