パワースポット伊豆大島 ダイナミックに火口一周 2018年11月30日~12月1日

11/30(金) 東京竹芝桟橋22時00分→客船さるびあ号特2等→泊1

12/1(土) 6時00分伊豆大島岡田港→バス→大島温泉ホテル(お風呂と朝食)→バス→三原山頂口・・・三原神社…お鉢回り・・・大島観光ホテル(お風呂と昼食)→バス→岡田港14時35分→16時40分東京竹芝桟橋→新国立美術館ピエール・ボナール展・・・六本木イタリアンCOLORS(カラーズ)夕食

娘は、三原山に登ったことをよく覚えていない。。。’’行ってみたいな~’’ということで、伊豆大島に行くことに決めました。二回登ったことあるんだよ(笑)

まあ~そんなもんですね。。。

フリーツアーの募集がないので、添乗員同行プランで申し込みました。行きの客船は,特二等ベット寝台、翌日の朝食+温泉+昼食、帰りはジェット船までついて7500円とお得価格です。

明日の天気予報は晴れ☀、三原山ハイキングできそうです。

IMG_8296[1]
まずは、荷物を置きに特2等の部屋へ、ゆっくり寝れそうです。
IMG_8297[1]
東京の夜景も見えて、得した気分♥
IMG_8298[1]
横浜の大桟橋に寄港し、伊豆大島へ向けて出発~
東京の夜景+横浜の夜景を楽しみ、就寝タイム。

翌朝6時に到着します。ちゃんと起きて下船しないと次の島に行っちゃいます。。。。船の中はちょっと寒くて、丸まって寝ました。

伊豆大島に着くと、娘曰わく、’’見覚えある景色だな’’と。。。少しは記憶に残っていたようですね。

IMG_8299[1]
大島温泉ホテルの庭の椿が咲き始めていました。
ホテルの朝食会場が混んでいたので、先にお風呂に入ります。両親と大島温泉ホテルに泊まった時のこと思い出します。

露天風呂に入っていると、木がざわざわ揺れています。。。と思ったら親子ざる3匹が枝を揺らしながら木の実?を食べていまた。サルは怖いけれど、離れているので襲ってくる様子もなくひとまず安心💛

手作り風バイキングを食べて、バスに乗り登山口に向けて出発~

IMG_8300[1]
ピンクのタグが目印、三原山ハイキングコースの仲間たちです。
春に来た時はウツギの花がたくさん咲いていましたが、季節は秋から冬へと移り変わり赤や紫の実をつけた木々を見ることができました。

IMG_8301[1]
ウツギの実かと思いきや、ハチジョウイヌツゲの実でした。
IMG_8302[1]
イガアザミ
IMG_8303[1]
菊の花?
IMG_8304[1]
松の木が、一本だけ生えています。
風もなく穏やかです。休憩をしながら、三原神社に到着!

IMG_8305[1]
お社の手前で止まったという、ご利益のありそうな三原神社。
三原山最高地点758メートルに近づくにつれて風が強くなってきました。

IMG_8306[1]
このコケは、前にもありましたが、名前がみつからない。。。
’’ロープにつかまって風に飛ばされないように気を付けて歩いてください’’とアナウンス。それでもお鉢回りの景色は素晴らしく、風に飛ばされないようにみんな写真を撮りながらゆっくりと進みます。スカートで登っている一人参加の女性もいました。必死に歩いています。

IMG_8308[1]
火口付近はビュービューと強い風が吹いています。
娘はふざけていて転んだ姿を、添乗員さんに見られていました(笑)

大砂漠分岐から、裏砂漠を見ながら進みます。

IMG_8309[1]
あそこに、ホテルがみえる~
IMG_8310[1]
ハチジョウススキの野っぱら
IMG_8311[1]
考える人。。。BY裏砂漠
IMG_8313[1]
気持ちいい~
IMG_8312[1]
反対側を見ると、三原山の山頂が見えます。
 

IMG_8314[1]
柏餅の葉っぱの実 サルトリイバラの実かな?
IMG_8316[1]
カタツムリのからをみーつけ
先にお風呂に使って、ホテルの中でお昼ごはんをいただきます。

ツバキ油のハンドクリームと石鹸を買って、岡田港へ。

港のまわりをお散歩~

IMG_8323[1]
防波堤に可愛い絵がありました。
おやつを買って高速船に乗船♥

IMG_8324[1]
高速船の中で、アイスクリームとプリンを半分ずつ食べました。おいしい~
不要な荷物は、ホテルで預かってもらえるし、お風呂も2度も入れて至れり尽くせりのツアーでした。しかし、今日はここで終わりではありません。

IMG_8325[1]
波はあらいですが、高速船はほとんど揺れません。
眠っているうちに、竹芝桟橋に到着!

東京に戻り、新国立美術館ピエール・ボナール展へ。週末の夜は、20時まで鑑賞でき、待ち時間はありません。

IMG_8326[1]
こんな絵をかく人です。
ピエール・ボナール(1867~1947年)ってどんな人?

こたえ。。。ナビ派の中心人物のひとり。19世紀末のフランス・パリ、ポール・ゴーガンの美学から影響を受け、芸術家のグループが新しい芸術の創造を目指して結成した「ナビ派」(「ナビ」はヘブライ語で預言者の意味)

ボナールは、歌川国貞や国芳、広重らの浮世絵を所蔵していたほどの日本美術愛好家で、評論家に「日本かぶれのナビ(ナビ・トレ・ジャポナール)」とあだ名をつけられていました。

19時から、息子と六本木のイタリア料理COLORSで待ち合わせ。

マンションの3階にあり、お店らしくない普通のマンションの入口です。COLORSと書いてあるので、ここで間違いないようです。

私たちはカジュアルな服装だし、ドアの前で息子をが来るのをドキドキしながら待っていました。

しばらくドアの前に立っていたら、’’どうぞ~’’とドアを開けてくれました。ドアの向こうは別世界。すぐに息子も到着。隠れ家のような雰囲気で、ゆっくりと美味しいお料理をいただきました。

IMG_8329[1]
デザートもたっぷり~
お店の方も気さくに話しかけてくれました。’’どこの山にのぼられたのですか?私の友人にも山好きな人がいるんですよ。’’と。

素敵なところに連れてきてくれてありがとう~ ごちそうさまでした♡

娘は翌日の午前中に車で浜松へ帰っていきました。

年末に帰省のときには、みんなで集まれるね。それまで、仕事をがんばりましょう~

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です