川奈ホテルの旅2020年1月25日〜26日 伊東編

1/26(日)泊1 11時→回転ずし伊豆太郎→12時40分伊東めちゃくちゃ市14時→小田原厚木道路→17時自宅

朝から雨が降ってます。外の散歩はあきらめて、図書室に行ってみよう~

図書室でのんびり~
木の模様のじゅうたん。
ロビーの特注じゅうたん
天井にも彫刻があります。
キャンドル型の電気
ダイニングルームで朝ご飯を頂きます🍞
パンはクロワッサン🥐にしました。
焼き印入りのオムレツ
’’噴水があるよ⛲️’’と、ホントだ!(◎_◎;)

緑色の石はなあに???

こたえ。。。伊豆石(いずいし)と言います。

どんな石なの???

こたえ。。。 江戸時代~昭和初期にかけて伊豆の各地(特に西部や南部)で産出され、出荷されていました。城を築城する際の石垣や、土蔵、倉庫、そして建物の基礎など広く利用され、重宝されたようです。

おまけ。。。 江戸城の石垣にも、伊豆石が使われています。

どうして伊豆石をつかったの???

こたえ。。。 伊豆石(凝灰岩)はやわらかく加工がしやすく、さらに風化しにくく耐火性にも優れていたためです。

消火栓もレトロ

ホテルの傘をお借りして、お庭をお散歩🚶‍♀️
メジロが、飛び交ってます🐤

メジロが桜の花🌸の蜜を吸っているんです🐤
春も近くまで来てるんだなあ〜
雨の中の寒桜も素敵🌸☔️
居心地の良いホテルでした‼️
右側の部屋が、ダイニングルームです。
ドライフルーツ食パンを買い、パンをカットしてもらっている間、ダイニングの写真を撮らせて頂きました🥰

クラッシックホテルスタンプも、今回で3つあつまりました。

伊豆太郎の回転寿司へ。

マンボウ
クロメバル

朝ごはんをたっぷり食べたばかりなのに、お寿司は別腹🍣

家族でここに来たことあるけど、娘は全然覚えてないーと😅

行き当たりばったりの旅。。。次は、25.26日のイベントへ。
何か美味しいもの買えるかなあ〜

金目鯛、あじ、サバの干物と椎茸を買いました。

東海館が見えますが、寒さに勝てず駐車場から離れていく方向には進めません。。。( 一一)
駐車場方面、めちゃくちゃ市で教えてもらった東郷記念館、に行ってみることにしました。

どうしてここに建てたの???

こたえ。。。 東郷元帥が晩年テツ夫人のリュウマチの療養のために、建てた別荘 です。ここは温泉地♨ですもんね。

元帥 (げんすい)って???

こたえ。。。 軍人の階級、もしくは称号の一つで、 陸軍大将の称号です.

壊されず残っていたのはなぜ???

こたえ。。。 元帥薨去(げんすいこうきょ)のあとブリジストンの創業者石橋正二郎が譲り受け「釘1本変えてはならぬ」という方針のもと大切に管理保存されてきたからです。

どうして 薨去( こうきょ)というの???

こたえ。。。親王または三位以上の人が死ぬことを、 薨去( こうきょ) と言います。

令和初の国の登録有形文化財に指定された施設です。

案内人の方が一緒に一つ一つ説明してくれます。

明治42年当時のガラスだそうです。建物は、昭和4年に建てられたので、その前にあったものなのでしょうね。
東郷平八郎の碁。もう少ししたら、ガラスケースに入り、触らなくなるとのこと。一生懸命に話してくれます。
ここで碁をさしていたのですね〜

このマークがあったら、平八郎の書だとわかります。
「海軍指揮刀」というそうです。


なんて書いてあるの❓

こたえ。。人の道とは、輝かしい徳を身につけ、最高の状況を保ち続けることです。(儒教の教書)
ボートの手漕ぎ棒
お風呂も当時のまま残っています。

東郷平八郎 の描かれている絵画もあります。

東郷平八郎は一番前にいます。

昭和天皇と平八郎

おまけ。。。東郷平八郎は昭和天皇の教育係でした。

お庭も歩いてみました。
伊東のマンホール→ タライ乗り競走デザインのマンホール蓋

車の中はあったかい~

箱根のあたりは雪が降ったそうです。帰りましょう~

山の上にも家が建っています。別荘かなあ?
レトロなトンネルを通ります。
行きは、右側の道路を通りました。

途中、道が混んでるとナビに出ます。
娘は、混んでない道を素早く選び、裏道を走ることになりました。

若いもんは、やる事が早い。私は調べるのもモタモタしているから、遅いもう自分でやるって言われる😔

ウトウトしてきたら、娘があの山は何❓と。。。
どこの山かしらん? 丹沢のあたりかな?
右のとんがった山は大山ではなかろうか?

狭い山道を登っていくと、『元祖からみもち』の看板が目に入る。

少し通り過ぎたけれど、’’寄ってみよう’’で意見が一致!
引き返し入ってみることにする。

元祖からみもち、気になるね。
どれにしようかなあ〜
からみもちときな粉を注文☺️

お餅が大きい(゚д゚)!

出来立てのお餅はおいしくて、ペロリと食べてしまう。ごちそうさまでした。

お店の中は素朴な造り。あったかい〜

混んでいる場所はなく、スイスイ進みます。

小田原城が見える。。。やはり、正面の高い山は大山だね。1252メートルあります。
渋滞にはまることもなく、スムーズに小田原厚木道路まだ帰ってきました。

その後も、スムーズに車は流れ、17時前には家に着きました。

去年の誕生日は、ひとりで過ごしたけれど、今年の誕生日は、娘と過ごせて本当に楽しかった🤗

いつもドライブに連れて行ってくれてありがとう~

「川奈ホテルの旅2020年1月25日〜26日 伊東編」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です